F1の重鎮も大興奮 「ドリフトはJUDOになれる」

2017年9月30日~10月1日に東京都・台場特設コースで開催されたドリフト競技の世界大会「FIAインターコンチネンタル・ドリフティング・カップ」。世界に先駆けて競技化が進んだことなどからドリフトは日本が発祥とされ、第1回の会場に選ばれた
2017年9月30日~10月1日に東京都・台場特設コースで開催されたドリフト競技の世界大会「FIAインターコンチネンタル・ドリフティング・カップ」。世界に先駆けて競技化が進んだことなどからドリフトは日本が発祥とされ、第1回の会場に選ばれた

日本発のモータースポーツといわれ、世界的モータースポーツになり始めている「ドリフト」。最近ではF1(フォーミュラ1)やWRC(世界ラリー選手権)を統括している国際自動車連盟(FIA)からも注目され、2017年9月30日、10月1日にはFIAが承認した初めての世界大会「FIAインターコンチネンタル・ドリフティング・カップ」が東京・お台場で開催。会場には元フェラーリF1の監督であり、現FIA会長のジャン・トッド氏の姿もあった。同時期に開催されたF1マレーシアグランプリ行きの予定を変更しての視察だけに、FIAのドリフト競技に対する関心の高さが感じられる。はたしてモータースポーツとしてのドリフトの可能性は?

◇  ◇  ◇

「本当にエキサイティング!」

小沢コージ(以下、小沢) 今日はありがとうございます。まずはお台場でドリフトを見た感想を。

ジャン・トッド会長(以下、JT) 今回初めて自分の目でドリフトを見ましたが、本当にエキサイティング! 見るからに派手でスペクタクルでアクションもあって、観客に非常に喜ばれるだろうと感じました。

小沢 将来的な可能性はどうでしょう?

JT 現在はパワフルなエンジンを使っていますが、将来的にはハイブリッドや電気自動車(EV)テクノロジーも加えていくといいのではないかと思います。それから注目はタイヤです。非常にたくさんのブランドが集まっているのに驚きましたし、理由が分かりました。これらを踏まえて今後のプランを考えていこうと思います。

将来的にはハイブリッドやEVの技術も加えられるのではないかとジャン・トッド会長

小沢 トッドさんご自身が直接日本に視察に来られたことに何より驚きましたが、その一番の動機は何でしょうか。

JT 今回が日本自動車連盟(JAF)と共同開催した初めての国際格式FIAドリフトイベントということもありますが、同時に世界150カ国の自動車連盟が集まる会議が日本でありまして、週末にこのすばらしいイベントがあるというので滞在を延ばしたんです。

小沢 最初にドリフトという競技を知ったのはいつごろですか。

JT ドリフトという言葉は前から知っていましたが、日本発のモータースポーツとは知りませんでした。知ったのは2年前ぐらいでしょうか。それからもっとドリフトというものを勉強しようと、FIA内にワーキンググループを結成したんです。そして数カ月前に、国際イベントとして最終戦をお台場で開催しようと決めました。

ドリフト競技はスペースを必要としない点も注目されているという

最も簡単に開催できるモータースポーツ

小沢 そんなに最近ですか! しかしFIAといえばF1やWRCを主催することで知られていますが、最近では電気自動車レースのフォーミュラEに力を入れています。ドリフトを含め、今後のFIAは変わっていくんでしょうか?

JT グラスルート(草の根)からモータースポーツを始めるのが私たちのやり方です。F1やWRCやカートもそうですし、今もたくさんの国がモータースポーツをやろうとしていますが、このドリフト競技ほどスペースを必要としない競技はありません。場所、レイアウトだけでなく、安全性も非常に重要であり、その視点からみてもドリフトは世界中で比較的容易に開催できるイベントではあるのです。草の根から始まるモータースポーツそのものだと思います。

MONO TRENDY連載記事一覧