CHEMISTRY 再始動で起きた、新たな化学反応とは

日経エンタテインメント!

オーディションで選ばれ、2001年にデビューしたCHEMISTRY。約6年の活動休止を経て、デュオとして再始動した2人にとって、お互いはどのような存在なのか。久しぶりのシングル発売にあたっての思いを聞いた。

『ASAYAN超男子。オーディション』で約2万人の候補者から選ばれた堂珍嘉邦と川畑要の2人が、2001年のシングル『PIECES OF A DREAM』でデビュー。約5年半ぶりのライブツアー中(写真:中村嘉昭)

12年からソロ活動に専念するため活動を休止していたCHEMISTRY。17年2月のライブで再始動し、11月15日に約6年ぶりのシングル『Windy/ユメノツヅキ』をリリースした。両曲とも、2人の声が映える心地の良いR&Bナンバーだ。

川畑 CHEMISTRYのベースはR&Bデュオだというのがあって。2曲ともフェイクのかけ合いなど、僕らのボーカルの見せどころというか、初期からのものを感じてもらえたらと。

堂珍 EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)やEDMから派生したトロピカルハウスのように、音楽にはブームもありますけど、ブームはしなびていくこともある。時代的にも、歌を聴きたいという方が増えている気がしていて。歌モノが恋しくなってきた頃に、それぞれソロ活動を行って地力をつけて戻ってこられたのは、結果論ですけど良かったと思います。

久しぶりのレコーディング。声を重ねた印象を尋ねると、どちらからも「自然にCHEMISTRYに戻れた」の答えが返ってきた。

川畑 やる前は「懐かしい」「久しぶりだな」という感覚があったんですけど、レコーディングで嘉邦の声を聴くと本当にすっと入れたというか、お互い自然に戻れた。

堂珍 個人的に経験したことをCHEMISTRYに反映させたいみたいなところもあったんですけど、歌えばあうんの呼吸みたいなものを感じながらレコーディングした自分もいましたし、慣れたものを久々にやるフレッシュさもありましたね。

川畑 僕らはオーディションで受かって、「今日からCHEMISTRY」と言われて10年駆け抜けてきた。途中で「CHEMISTRYって俺らだけど、一体どういうものなんだ」って考えた時もありました。そういうものが、1回離れたことによって見えてきて。やっぱり2人にしかできない、2人が奏でる化学反応がCHEMISTRYなんだ、その1人は俺で、もう1人は堂珍なんだと明確に思えたというか。

活動休止を決めた時は、どういう心境だったのだろうか。

エンタメ!連載記事一覧