タイガー高級トースター 用途はバルミューダより多様

日経トレンディネット

日経トレンディネット

2015年に発売された「BALMUDA The Toaster(バルミューダ ザ・トースター)」(以下、バルミューダ)が火付け役となり、高級トースターがブームになっている。今回は2017年9月に発売されたタイガー魔法瓶のスチームコンベクションオーブン「やきたて」(以下、KAX-X130)を試してみた。水を入れてたっぷりのスチームを使って焼き上げるというオーブントースターの実力はどうだろうか。

パンだけでなく調理もできる

スチームの力でトーストだけでなく、料理まで多彩に楽しめるという、タイガー魔法瓶のKAX-X130。試食したときに「パンがおいしい!」と感激。あらためて試用してみることにしたのだ。

KAX-X130の最大の特徴は業界最大容量のスチーム。タンクに水を80mLも入れることができ、パンを焼くだけでなく、ローストビーフなどさまざまな料理にスチームをたっぷり使うことができる。また、調理トレイ(ホーロー加工)が付属していて、料理の幅が広がりそうだ。

左下に水タンクを備える。一度に80mLも入れることができるのは便利
調理トレイが付属

上部には「速熱カーボンヒーター」、下部には2本の「遠赤ヒーター」を搭載している。この2つの加熱方法を組み合わせることで、予熱なしで瞬時に熱を伝えて外側はカリッとした食感にし、内側は遠赤効果と大容量のスチームによってじっくり熱を伝えていくので、ジューシーな食感になるという。

庫内は広く、食パンは一度に4枚まで焼ける大きさだ。本体のサイズは幅41.4cm、奥行き40.3cm、高さ25.5cmで、一般的なトースターよりひと回り大きめ。まずはパンを焼いてみた。

パンの焼き上がりはバルミューダと違う

メニューは「パンあたため」「スチームオーブン強」など20種類のオート(自動)と、約80~250度まで10度きざみで温度の設定ができるマニュアル(手動)がある。

操作部。ボタンとつまみで操作する

オートは付属のレシピブックを見ながら番号を選ばないといけない。トーストの場合は「スチームあり/なし」を選び、焼き色を選んでスタートを押す。しかし、クロワッサンやフランスパンを温めるときは違うメニューになるので、レシピブックを見なければ番号が分からないのは少々面倒だ。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ローストビーフも簡単にできる
MONO TRENDY連載記事一覧