WOMAN SMART

ヘルス

過剰保湿はご法度 冬のスキンケアは「引き算」で

日経ヘルス

2018/1/22

PIXTA
日経ヘルス

 目元や口元がカサつく、顔全体がつっぱる感じがするという人は、潤い不足。まずは洗顔法の見直しから始めよう。「まずはクレンジングの後に洗顔料で洗う『W洗顔』をやめる。朝は洗顔料なしで洗う。こすらず、手で優しく洗う。これで肌がどう変化するか、試してみて」と東邦大学医療センター大森病院皮膚科の関東裕美臨床教授。こすりすぎると乾燥を助長し、色素沈着も招くという。

 メイク落としもシートでふき取るより、オイルクレンジングの方が乾燥しにくい。オイルは自分の肌に合ったものでいいが、関東臨床教授のお薦めは薬局で買える「局方オリブ油」だ。精製されているので食用のものより純度が高い。「皮膚科では、やけどの処置治療に用いる。刺激を与えずに汚れを落とし、肌も潤う」(関東臨床教授)。もちろん、体の保湿に使ってもいい。入浴後、体がまだ多少濡れているときに塗るとなじみがいい。

(イラスト:谷小夏)

 ただ、肌の状態は日々変わる。汗をかいたり、月経前で皮脂量が増えたりするときはW洗顔もOK。「温湿度環境、体調、食事、月経周期、年齢などで肌は常に変わっている。要は自分の肌の状態を知り、それに合わせたスキンケアをすること。年齢が上がるほど皮膚の適応力は低下するので、正しいケアがますます必要」と関東臨床教授。どんなときに肌トラブルが起こるか、「肌日記」をつけてみると変化がわかりやすいという。

 なお日差しが弱い冬も、肌を守るUVケアが必要。日焼け止めのSPFは30以下で十分という。「それより高いと、冬は肌が乾燥してしまうこともある。日中活動するときには塗り直しが理想的」(関東臨床教授)。

 乾燥対策は万全だが、ニキビや赤みが気になるという人は、過剰保湿を疑ってみよう。とろっとした化粧水、美容液、乳液、クリーム、オイル、さらには保湿効果の高い下地クリーム……と、塗り重ねていないだろうか。「心当たりがあれば、まずはオイルや美容液をやめて、様子を見る。引き算のスキンケアを」と、ひふのクリニック人形町の上出(かみで)良一院長は話す。

 また、保温効果の高い下着を常用している人は、汗や皮脂の分泌が増えやすい。外は寒くても、屋内は汗をかくほど暖房が効いていることも多い。「マラセチア菌は高温多湿で脂の多い環境を好む。重ね着などで上手に体温調節を。アトピー性皮膚炎の人も、保温下着で温まりすぎてかゆみが増すことがあるので気をつけて」と上出院長はアドバイスする。

関東裕美さん
 東邦大学医療センター大森病院皮膚科(東京都大田区)臨床教授。1980年、東邦大学医学部卒業。米国シンシナティ大学皮膚科学教室、東邦大学医学部皮膚科准教授などを経て、2012年から現職。専門は接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎など。
上出良一さん
 ひふのクリニック人形町(東京都中央区)院長。1973年、東京慈恵会医科大学卒業。米国ニューヨーク大学メディカルセンター、東京慈恵会医科大学皮膚科教授などを経て、2014年から現職。専門はアトピー性皮膚炎、光線過敏症など。

(ライター 佐田節子)

[日経ヘルス2018年1月号の記事を再構成]

WOMAN SMART新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL