出世ナビ

プロが明かす出世のカラクリ

独立も出世の選択肢 向いている人が持つ5つの性格 20代から考える出世戦略(22)

2017/12/5

=PIXTA

 「いずれはフリーランスとして独立したい。そう思っていたらもう40歳間近になっていて、どうすればいいかわからなくなりました」

 最近、そんな悩みを打ち明けられました。イマドキの出世事情では、フリーランスとしての独立も出世の選択肢の一つです。では独立に向けて準備するキャリアは、普通のキャリアとはどう違うのでしょう。実際に私も40歳で独立していますが、独立して成功している人、いまひとつな人とを比べてみて、そのポイントを紹介してみたいと思います。人生100年時代の出世の選択肢には、独立もあるのですから。

■独立できないタイプの3つのポイント

 独立したいけれどできていない。あるいはどうすればよいかわからなくなった、というタイプの方から聞くのはこんな話です。

 「誰も応援してくれない」

 「独立できるほどの専門性やスキルが身についていない」

 「今独立しても食べていけるかどうか不安」

 じゃあ逆に考えてみればどうでしょう。

 「応援してくれる人がいる」

 「独立できる専門性やスキルが身についている」

 「食べていける自信がある」

 後者のような人たちが実際に独立して成功するか、というと決してそうではありません。むしろ、前者のように、応援してくれる人がいなくて、専門性やスキルに自信がなくて、食べていけるかどうかについて不安を感じている人の方が成功する可能性が高いように思います。

 たとえば応援してくれる人がいる場合。その人は、「本当に」応援してくれている人でしょうか。そもそも応援とはなんでしょう? 口だけの「応援」はむしろ逆効果。「君なら独立してもやっていけるよ。応援しているから!」という言葉に勇気づけられて独立しても、その後のアポイントはすべて断られることなんて普通にあります。独立に際して必要な応援とは、売り上げに直接的に貢献してくれることです。しかし、独立する前からそのことを約束してくれる人はとても少数です。むしろ、徹底して反対していた人の方が、そこまで考えたのなら仕方ない、といいながら最初の仕事をくれることだってあります。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL