マネー研究所

ポイント賢者への道

商品購入せずにポイント獲得 チェックインアプリとは ポイント賢者への道(40)

NIKKEIプラス1

2017/12/6

PIXTA

店内に入ってスマートフォンを操作するだけでポイントがたまるアプリが増えています。「チェックインアプリ」といい、来店者を増やしたいお店が導入しています。商品を購入しなくてもよく、ちょっとしたお小遣い稼ぎになります。

アプリを加盟店内で起動し、チェックインなどと書かれた箇所をタップすると、本人の位置が確認されてポイントが付くというのが使い方です。「楽天チェック」の場合、1回ごとに10~30円相当の楽天スーパーポイントが付きます。コンビニやスーパーなどの一部店舗が対象です。リクルートライフスタイルの「ショプリエ」はPontaポイントを獲得できます。

無印良品のアプリはチェックインで疑似マイルがたまり、その数に応じて買い物に使えるポイントを得られます。パルコも館内操作でポイント獲得につなげられます。JR東日本系のルミネは実績によりランクが上がり、買い物券をもらえます。ルミネのクレジットカードを登録して買い物をするとランクアップが速まる仕組みもあります。

商品を買わなくても特典が付くのはなぜでしょう。販促によく使われる紙のチラシは、数百枚配っても来店者は数人といったところです。チェックインアプリは、実際に来店した人に絞って販促コスト(ポイント付与)をかけられるのが特徴です。何人が買い物をしてくれるかが課題ですが、チラシより費用対効果が高いと考えられています。

チェックインできるのは通常1日に1回で、月間の回数や金額にも上限があります。それでも、通勤ルート上にある店舗に毎日入ってアプリを操作するだけで月200ポイントくらいは無理なくたまるでしょう。アプリには現在地の周辺にある対象店を示すGPS機能があります。外出の際に試してみるとよいでしょう。

菊地崇仁
北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、NTTに入社。社内システムやLモードの料金システムの開発などに携わり、2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。06年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。一般からプラチナまで、57枚のクレジットカードを所有。

[NIKKEIプラス1 2017年12月2日付]

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL