くらし&ハウス

Bizギア・フラッシュ

「ノート進化型」手帳 大容量スペースと上質紙が魅力 こんな手帳が欲しかった2018(中)

日経トレンディ

2017/12/4

日経トレンディ

 手帳のメモスペースが少ない。手帳とノートの2冊を持ち歩くのは面倒。そんな不満を解消するために、スケジュールとノートを合体させた、「ノート進化型」の手帳も2018年のトレンドだ。

■24時間対応の大判ダイアリー

A4ダイアリーノート フリーフィールド ウィークリー
ユナイテッドビーズ
実勢価格600円(税別)
A4サイズ、週間バーチカル
週間バーチカルの下にB6サイズの方眼がある。(1)月間カレンダーの週に囲みが施されているので、今、第何週目かがすぐわかる、(2)バーチカルは1時間刻み(3)方眼メモにライフログも記録できる

 「A4ダイアリーノート フリーフィールド ウィークリー」(ユナイテッドビーズ)は、薄型で大判タイプのノートダイアリー。スケジュール部分と別になったノートページはないが、見開き2週間の週間バーチカルの下部にB6サイズほどの方眼メモを備える。

 タイムテーブルは朝6時から翌朝6時までの24時間に対応し、12時と24時は色分けされている。方眼スペースにはメモや日記、To Doリストが書き込めるなど、自由度は高い。大判タイプで幅は取るが、薄型で軽量なので持ち運びも苦にならない。

■紙質にこだわった月間ダイアリー

MDノート ダイアリー<A5>
デザインフィル ミドリ
実勢価格1100円(税別)
A5サイズ、月間ブロック
余裕があるマンスリー、メモをたっぷり書ける。(1)月間ブロックを囲むようにして余白がある、(2)月間ブロックの升目は約2.5cm四方、(3)右側の余白が最も広く使い勝手がいい

 書き心地にこだわって開発されたデザインフィル ミドリオリジナルの「MDノート」。この用紙をベースにしたノート型手帳が「MDノートダイアリー」(デザインフィル ミドリ)だ。月間ブロックの左右、下部に余白部分が広がる。余白部分にはケイ線も方眼もなく、月間ブロック内に記入しきれない情報を自由に書き込める。その他、上下に8分割された横ケイのメモが113ページも付く。ダイアリーの自由度と大容量ノートを両立させている。

■上質感あふれる手帳、大容量ノートを装備

紳士なノートのダイアリー
エムディーエス
実勢価格1980円(税別)
A5サイズ、月間ブロック、年間プラン
ノートメーカーの極上紙を使用。(1)スケジュールの記入欄は方眼タイプになっている、(2)左ページの上部と下部、左ページのサイドに余白がある、(3)右下に翌月と翌々月のカレンダーが付き、2カ月先の日程を把握できる

 紙質を追求したのが「紳士なノートのダイアリー」(エムディーエス)。高級ノートとして定評のあるアピカの「Premium C.D.NOTEBOOK」をベースにして開発し、「シルクのように滑らかな書き心地」を目指したという。実際に触ってみると、厚みがある紙は表面は滑らかで、ペンが走りやすい印象だった。ノート部分も豊富で、160ページ分の横ケイ、または方眼ノートを用意している。糸かがりとじを採用し、どのページも180度フラットに開く。

表紙は厚く、赤と青の2種類がある。表紙が赤色のものは、メモページは方眼タイプ。青の表紙はメモページが横ケイになっている

■ロングセラーの定番ダイアリー

キャンパスダイアリーA5
コクヨ
実勢価格450円(税別)
A5サイズ、月間ブロック、年間プラン
シンプルな大型サイズ、3種類の大きさも選べる。(1)左ページのサイドは横ケイのメモスペース、(2)無地なので自分でケイ線を引くなどカスタマイズ可能、(3)下部は無地のメモ欄で付箋を貼ってTo Do管理などに使える

 根強い人気を誇る、定番のノート型ダイアリー。月間ブロックとノートページというシンプルな構成だ。スケジュール欄は約4cm四方と大きく、枠内にケイなどはなく自由に書き込める。年間カレンダーの他、年間計画表などを収載。

サイズはセミB5、A5、A6の3種類。色はブルーとピンクなどがある

■大学ノートタイプの月間ブロック

ツバメダイアリーノート
エムディーエス
実勢価格900円(税別)
A5サイズ、月間ブロック、年間プラン
スケジュール欄もメモ欄も方眼タイプ。(1)左ページにはメモ欄がある。方眼なのでTo Doリストとしても使いやすい、(2)土日は平日と比べてスペースはやや狭め、(3)右下に翌月と翌々月のカレンダー

 老舗ノートメーカーのツバメノートとコラボした、大学ノートを進化させた手帳。月間ブロックに加え、ノート部分は横ケイ、または方眼の2種類がある。書き味に優れたツバメ中性フールス紙を使用し、万年筆とも相性が良く、裏写りもしにくかった。

クリーム色のフールス紙を使用したプレミアムタイプも発売された
こんな手帳が欲しかった2018
マルチ機能の手帳がスタンダード スマホと同期も登場
「ノート進化型」手帳 大容量スペースと上質紙が魅力
机で立てて使う 手帳新トレンドはカレンダー併用型

(日経トレンディ編集部)

[日経トレンディ2017年12月号の記事を再構成]

くらし&ハウス

ALL CHANNEL