powered by 大人のレストランガイド

和食で飲みたいマデラ酒 酢やしょうゆ、味噌と呼応

ポルトガルの首都リスボンから南西に約1000キロメートル、大西洋に浮かぶ火山列島のマデラ諸島は、世界自然遺産を擁する高級リゾート地。また、サッカー界のスター、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド選手の出身地としても知られている。そこで造られているのがマデラ酒。スペインのシェリー酒、ポルトガルのポルト酒と並ぶ、世界3大酒精強化ワインの一つだ。

マデラ酒というと、フランス料理のフォアグラや牛肉料理などに使われるマデラソースなどを思い浮かべる向きも多いだろう。料理酒としての知名度はあるものの、ワインとしては、後述するがシェリー酒やポルト酒に比べて生産量が少なく、日本で接する機会は少ないようだ。

以前、本欄で芝浦工業大学の古川修特任教授が、ポルトガルのスティルワインが和食に合うと紹介した(「ポルトガルワインは日本料理にぴったり? なぜなら…」参照)。実は、マデラ酒も和食に合うのだ。かんぴょう巻きに、イカの塩辛、生ウニ……。いったいどうしたら、これらがワインが合うのか。びっくり仰天、知られざるマデラ酒の魅惑の世界にご案内する。

断崖絶壁から見下ろすブドウ畑 ここがマデラ島で最初のブドウ畑という説もある

まずは、由来から。

そもそも、マデラ島は大航海時代の黄金期、1419年にポルトガル・エンリケ王の領土獲得の大号令を受けてアフリカを目指した船団が、嵐で漂着した無人島。全島が木に覆われていたこから、ポルトガル語で木を意味するマデラが島名になったという。

偶然漂着したとはいえ、温暖な気候であったことから、ポルトガル領として開墾が進んだ。当時、ヨーロッパで高価だったサトウキビをはじめ、小麦などのほか、キリスト教徒の必需品、ワインのためにブドウの栽培も始まった。

その後、ヨーロッパから北米大陸やアフリカ、アジアへ向かう航路の中継地として栄える。ヨーロッパを出た帆船はマデラ島に寄港し、その後は赤道まで南下、そこからは海流に乗って北米大陸へと向かった。航海は、暑い赤道付近を何カ月も航行することから、ヨーロッパで積んだワインは劣化してまずくなり、飲めなくなってしまう。

ところが、同島で積んだワインはそもそも酸度が高いため航海中に劣化せず、逆になぜだかものすごくおいしくなっていた。ヨーロッパとの気候の違いからブドウ本来の酸味が多く含まれていたのだ。しかも、航海が長いほどおいしくなるものだから、どれだけ長く船に積まれたかがワインの値打ちとなり、船の名前がワインの名前にもなったほど。

これが新しいスタイルのワインとして知られることとなったマデラ酒の原型だ。特に独立前の米国フィラデルフィアでセレブたちにもてはやされ、高値で取引されたという。一方、島の生産者は普通のワインとしてたる詰めし、普通の値段で出荷していた。それが航海を経ると、何千倍もの値段になって米国で取引されていることを知って、「なんとか島内でおいしくする方法はないか」と模索を始める。

そして、ついに「そうだ! ワインを温めればいいのだ」と考えつく。以来、屋根裏部屋にたるを並べて、床下から火をたいて温め、熟成させるようになった。

さらに、もっとおいしくする方法が加わる。18世紀当時、マデラ酒の最大の輸出先が北米大陸だったが、米国の独立戦争の戦況が激しくなるにつれ、ポルトガルと政治的関係の深かった英国が「北米大陸に輸出してはならぬ」と圧力をかけてきたのだ。こうして、北米大陸に売れないマデラ酒のたるが島内にどんどんたまっていき、保管場所にも困るようになった。

そんなときアラビアから蒸留技術が伝わり、ブランデー造りが始まる。ただ、使い道もなくブランデーを造り続けることは難しい。そこで、「ブランデーを加えてみるとどうなるかなあ」と試した人が現れる。すると、さらにおいしくなったではないか。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト