働き方・学び方

学校のリーダー

「日本一の体育祭」の湘南高 東大のエース宮台投手も 湘南高校の稲垣一郎校長に聞く

2017/12/3

神奈川県藤沢市にある湘南高校

 神奈川県の名門公立高校、湘南高校(藤沢市)。ノーベル化学賞を受賞した米パデュー大学特別教授の根岸英一氏のほか、元東京都知事の石原慎太郎氏や、スポーツキャスターとして活躍した佐々木信也氏など多様な著名人を輩出。最近ではドラフト会議で日本ハムに指名された東京大学の宮台康平投手の出身高校として話題になった。文武両道の湘南を訪ねた。

■宮台投手 東大文1に現役合格

 「明るくてまじめな生徒でしたが、とにかく野球モードと勉強モードの切り替えがすごくうまかったと聞いています」。湘南の稲垣一郎校長は、宮台投手についてこう話す。東京六大学で頭角を現したが、湘南時代も激戦の神奈川県の春の地区予選ではベスト8まで進んだ。

 稲垣校長は、「左腕の速球投手と評判だったが、勉強は、授業のほかは電車の中とか、寸暇を惜しんでやっていたとのこと。文武両道ですね。湘南の成績トップ層は彼のようなタイプが多い。1時間もムダにしない」という。宮台投手は高校3年の夏以降に引退し、1日12時間勉強して現役で東大文科1類に合格し、法学部に進学した。エースとして東大の15年ぶりの勝ち点に貢献。一方で法律の勉強にも意欲的に取り組んだという。

甲子園で優勝した経験もある

 小田急線の藤沢本町駅から徒歩7分のところにある湘南。敷地面積は約4万6千平方メートルもあり、広いグランドに体育館は2つもある。首都圏有数の男女共学の進学校として知られるが、スポーツ施設も充実している。湘南は1921年の開校以来、「三育(知育、徳育、体育)」を推進し、なかでも「体育」を重視、高校野球の甲子園大会やサッカーで全国制覇したこともある。

 ラグビーも神奈川の公立高ではトップレベル、フェンシングも強豪校として有名だ。また、文化部も盛んで、合唱部も神奈川県代表として全国高校文化祭にも出演した。部活だけではなく、スポーツ・行事をバネに人材を育成しているのが湘南の特徴だ。

■体育祭に3千人の見物客

 稲垣校長は、「ウチの生徒やOBたちは『湘南の体育祭は日本一』だと言ってはばかりません」と話す。日本一といっても定義は曖昧だが、そのスケール感と派手さは地元では有名、保護者を含め地元から毎年3000人あまりが見物につめかけるという。何がそんなにすごいのだろうか。

働き方・学び方

ALL CHANNEL