powered by 大人のレストランガイド

ブランド牛食べ比べも 茨城・栃木・群馬の味、一堂に

上州太田焼きそば 濃いソース色のシンプルな焼きそば

群馬には、全国的に知られるようになった富士宮やきそば、横手やきそばと並び、古くから知られてきたご当地焼きそばがある。上州太田焼きそばは、具のキャベツと太麺が特徴の青のりと紅ショウガをのせた、昔ながらのソース焼きそばだ。

地ソース地帯だけに、各店ともソースにこだわる。一見真っ黒で、いかにも味が濃そうに見えるが、食べてみるとちょうどいいあんばい。そこに好みに応じてソースを後がけするのが地元流だ。

そして群馬県と言えば忘れてはならないのが、焼きまんじゅうだ。群馬県民のソウルフードとも呼ばれ、県内で広く食べられている。まんじゅうと言うとあんこ入りを想像するかもしれないが、スイーツではなく、あえて言えばパンのようなものだ。

焼きまんじゅう こんがり炭火で焼いたまんじゅうを味噌ダレで

蒸した白いまんじゅうを串に刺し、秘伝の甘い味噌ダレを塗ってこんがり焼き上げる。やはり小腹の空いたときにかじりたい一品だ。

群馬県は、赤城山・榛名山などの噴火で、すそ野の広い火山の台地が広がり、麦の栽培が盛んだった地域だ。そのため、まんじゅうや麺類などが多様に発達している。

おっきりこみは、そんな中でも群馬を代表する「おふくろの味」として受け継がれてきたもの。「かかあ天下」で知られる群馬の女性たちが、畑仕事や養蚕の忙しい合間に、地物のうどんや野菜を鍋で煮込んで食べたのがルーツ。

食べ残しを翌朝温め直して食べることが多く、麺が溶けてどろどろになった汁をすするのも「群馬ならではの味」だ。

鍋物と言えば、茨城のあんこう鍋も忘れるわけにはいかない。茨城の冬を代表する味で、以前グルメクラブでも詳しく紹介した(「あんこう鍋、シメに焼きそば しょうゆがつなぐ港の味」参照)。

厳選した大粒大豆を使った高価格の納豆

そうそう、茨城と言えば納豆は外せない。茨城を代表する味と言ってもいいだろう。

最近は豆の味にこだわった、高価格の「プレミアム納豆」が増えている。たとえば、舟納豆の「わっぱ納豆」。厳選した大粒大豆を金山寺味噌のたれと合わせて食べる。1パック税抜き価格で400円とまさにプレミアム価格だ。わっぱに入ったシリーズは、ほかにも青豆を使った「青仁一粒」、黒豆を使った「黒粒納豆」などもある。いずれも味わって食べたいこだわり納豆だ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド