レコード生産復活のソニー アナデジ融合の新メディア「年の差30」最新AV機器探訪

10年連続で売り上げが増加しているアナログレコード。ソニーのカッティングスタジオを訪ね、人気の理由を探った
10年連続で売り上げが増加しているアナログレコード。ソニーのカッティングスタジオを訪ね、人気の理由を探った

世界的に売り上げが増加しているアナログレコード。日本でも若手アーティストが新譜をレコードで出すのは珍しくない。そんな状況下、先日、ソニーの音楽子会社、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)がレコード生産を再開すると発表した。CDの生みの親でもあるソニーがレコードを復活させる狙いは何か。平成生まれのライターが、昭和世代のオーディオ・ビジュアル評論家とともに、制作現場を訪れた。そこで見たのはレコードの奥深さ、そしてデジタル時代ならではの可能性だった。

◇  ◇  ◇

これほど注目されるとは思いませんでした

小沼理(25歳のライター。以下、小沼) 最新ヘッドホン(「高級ヘッドホン バランスか個性か、決め手は利用時間」)、有機ELテレビ(「有機ELは液晶と何が違う? TVの進化と未来を探る」)を取材してきたこの連載ですが、今回のテーマは「アナログレコード」です。

小原由夫氏(53歳のオーディオビジュアル評論家。以下、小原) 20代の小沼さんから「レコードを取り上げたい」といわれて驚きました。でも世界的に見るとレコードは成長を続けています。日本でも最近、レコードを聴く若い人が増えているみたいですね。

小沼 実は僕も先日、レコードプレーヤーを買ったんです。僕が好きなインディーズのアーティストでもアナログしか作品をリリースしないことがありますし、3年前、HMVが渋谷にレコード専門店をオープンしたときも、僕たちのまわりでは話題になりました。だから、大手のSMEが自社でレコードの生産を始めるというニュースを見たときも気になっていたんですよ。

小原 ソニーはCDを開発・発売し、音楽の聴き方をアナログからデジタルへ大きく変えた存在。そのソニーが再びレコードを生産することには、僕も興味がありました。今日はそのあたりをしっかりと聞いていきましょう。

小沼 まずお話をうかがうのは古川愛一郎さん。ソニー・ミュージックエンタテインメント コーポレートSVPで、今回のアナログレコード生産再開のキーパーソンです。

古川愛一郎さん(以下、古川) 実はここまで注目されるとは思わず、反響の大きさに驚いています。ちなみにお二人はどのあたりに関心を持ったんですか?

新しいアナログ世代が登場している?

小沼 最近は若いアーティストでも作品をレコードでリリースする人が増えている印象があります。メジャーレーベルであるSMEが自社生産を始めるのに、どういう展望を描いているかが気になりました。

小原 私の世代だとソニーはCDを普及させ、アナログメディアを駆逐した存在くらいに思っている。そのソニーがレコードムーブメントに再び手を出すと聞いて、その狙いを確認したかったんです。「あんたたちが(レコードを)潰したんじゃないか!」って(笑)。

古川 なるほど(笑)。ただ、82年にCDが登場したときはアナログからデジタルへのフォーマットの変化でした。今は音楽の聴き方が多様化している。状況がまったく違います。

小沼 たしかに今はCD以外にも配信という楽しみ方もあります。配信にもダウンロード型やサブスクリプション型がありますし。

古川 音楽の聴き方が多様化する中で、レコードというフォーマットも年々存在感を増してきており、日本レコード協会の発表をみてもアナログレコードの売り上げは世界的に10年連続で増加しています。CDや配信などに加えて、レコードを選択肢の一つとして提供することが我々のミッションだと考えたことが自社生産再開のきっかけです。

小原 若い世代にレコードが人気なのはなぜだと思いますか?

古川 一つには、ファッション性が挙げられるとは思っています。

小沼 ジャケットも大きく、インテリアとして飾っても格好いいですしね。実際に飾らなくても、流行を追っているという意味のファッション性でレコードに興味を持つ人も多いと感じます。

古川 ただ、レコード人気の理由はそれだけではないと考えています。今は様々な音楽の聴き方がありますが、CDや配信とは違うアナログレコードの特徴は「ながら聴き」ができないこと。レコードをセットして、針を落として……少し面倒な手順を踏まないと聴けないのですから。

小沼 確かにレコードで音楽を聴くときは、普段とは違う特別な気持ちになります。

小原 20代でもそうなのか。

古川 手間をかけてでも「音楽に向き合う」その姿勢を好む人が増えていることも人気の理由の一つだと感じています。それは、音楽産業としても文化としても喜ぶべきことですし、今回のプロジェクトの大きな狙いでもあります。新たなアナログ世代が育ってほしいと思いますね。

小沼 アナログって古い世代を示すことが多いので、「新たなアナログ世代」って面白いですね。最近、CDや配信よりレコードを聴くことが多いという僕の友人は、デジタル世代の次のアナログ世代なのかもしれません。

競合他社も協力 まるで下町ロケット

次にたずねたのは、ソニー・ミュージックスタジオ。ここにレコードの元となるラッカー盤に溝を掘るカッティングマシンが設置されている。マシンを見ながら、レコード生産再開までの苦労、そして最新のレコード作りについて、現場でカッティングマシン導入から専用ブース構築を行ったソニー・ミュージックコミュニケーションズの宮田信吾さん、実際にカッティングを手掛けている同社マスタリングエンジニアの堀内寿哉さんに話を聞いた。

ソニー・ミュージックスタジオに導入したカッティングマシン「NEUMANN VMS70」

小沼 レコード生産再開に向けての準備はいつごろからしていたのですか?

宮田信吾さん(以下、宮田) 2年半前からです。まずここにカッティングマシンを導入するところから始めました。

小原 カッティングマシンはレコードの原盤となるラッカー盤をカッティングする機械です。この原盤から作られたスタンパーでプレスされたものが、我々の手に入るレコードになります。

小沼 昔使っていた機械を復活させたんですか?

宮田 いえ、我々が昔持っていたカッティングマシンはCDに切り替わるタイミングで全て処分してしまったんです。今回、機械を探すだけで半年かかりました。

小沼 新品を買うわけにはいかないんですか?

小原 カッティングマシンは主にNEUMANN(ノイマン)とScully(スカリー)などの製品があるんですが、どちらも今は生産されてないんですよ。捨てなければよかったのに……。

MONO TRENDY連載記事一覧