本郷奏多の整理ルール モノに順位、手放すのは最下位若手個性派俳優が語る買い物&整理術

映画やドラマへの出演が続く本郷奏多さん。モノの買い方について聞くと「モノを買うときに悩むことはほとんどない」という答えが返ってきた
映画やドラマへの出演が続く本郷奏多さん。モノの買い方について聞くと「モノを買うときに悩むことはほとんどない」という答えが返ってきた

話題の映画、ドラマへの出演が相次いでいる本郷奏多さん。「エレベーターのボタンはスマホの角で押す」「家に来た友達には、玄関先で部屋着に着替えてもらう」など、数々の潔癖症エピソードをバラエティー番組で披露し、話題になった。モノの買い方も本郷さんならではのスタイルがあるという。

長く悩んだら高いモノを買ったのと同じ

「モノを買うときに悩むことはほとんどありません。モノ選びに時間をかけたくないんです。時間もお金みたいなものじゃないですか。悩んでいる時間がもったいない。長く悩んだら高いものを買ったのと同じだと思うんです。だから何か買う時は、まとめサイトで要点を調べて、『僕はこの機能が欲しいから、これかな』という感じで選びます。買うモノが決まったら『じゃあ、この商品の最安はどこだ?』と価格サイトを開いて、それで購入。

服を買う時も、お店で悩むことはないですね。いいなと思ったら軽く羽織って、サイズ感が合えば、すぐに買います。

本当にそのモノが必要か、といったことは、僕にとってたぶんそこまで重要じゃないんだと思います。『欲しい!』と本能的に思ったら、たぶんそれは自分に必要なものなのかなという感じなんです」

モノを買うときに悩むことはないという本郷さん。モノの管理についても確固たるルールがある。

「僕は、部屋にモノがあふれるのが嫌なんです。しっかり整頓しておきたいタイプ。だから何か買って、家にモノが増えたら、それと同じ質量分、整理します。整理するものに迷うこともありません。自分の中のランキングで一番下だったものが、捨てられたり、売られたりしていく感じです。

趣味でガンプラ(ガンダムのプラモデル)を作っているのですが、部屋にあるショーケースには50体まで飾れる。だから、新しいガンプラを作ったら、一番気に入ってないガンプラがショーケースから外れます。さすがにガンプラには愛着が強いので、捨てられません(笑)。箱にしまって残しています。ただ……もし本当に収納スペースがなくなったら、やっぱりランキングの一番下から捨てることになるんでしょうね。

モノを増やしたら、その分減らす。モノ選びに時間をかけない。僕に当てはまる言葉をひとつ選ぶとしたら、『合理的』だと思っています(笑)」

自分に当てはまる言葉は「合理的」だという本郷さん。モノに対するルールを理路整然と語ってくれた

昔の気持ちがよみがえるブレスレット

そんな本郷さんが「決して捨てない大切な品」として持ってきてくれたのが、1つのブレスレッドだった。