トレンド

仕事先にもパーソナルな一品を 感謝が伝わる贈り物 「センスのいい」ギフト選び(上)

MEN’S EX

2017/12/4

MEN'S EX

 年末から年始にかけては、仕事上でもプライベートでも贈り物を交わす機会が増える季節だ。相手に気持ちが伝わって、なおかつ役に立ててもらえる品物を選ぶのは意外に難しい。「センスのいいギフトの選び方」を2回に分けて紹介する。初回は取引先や職場の上司・部下などに贈る「ビジネス編」を紹介する。「プライベート編」の「親しい人には極上素材を ラグジュアリーな逸品を贈る」も合わせて参考にしていただきたい。




 仕事に、趣味にとさまざまに活躍するM.E.(MEN'S EX)世代にとって、折々の手土産や贈り物は大事なコミュニケーション・ツールの一つだ。「気になるあのコ」のことだけ考えれば良かった昔と違い、仕事の仲間や人生の先輩&後輩へ、家族や友人へと、相手もシチュエーションもずっと幅広くなっているはず。相手の好みとぶつかり合わず、邪魔にならず、値段的にも重すぎない。それでいて意外と役に立ち、話のネタにもなる……。そんな『新発見』があるものこそ、真に「センスのいい」ギフト。その選びの目線とプランを改めて考えてみた。

■日頃の感謝を『メッセージ』モノで表現

背筋がピンと伸びるフレーズがトビラに
スマイソンのパナマノート 各8000円

 ウィットに富んだ様々な言葉が表紙に刻印された名作ノート。その人らしい粋なフレーズを選べば、贈り主の株も上がるハズだ。表紙には型押しラムレザー、ノートには旧英国紙幣にも使われていた“羽根のように薄い”上質紙を使用。縦14×横9cm。
(ヴァルカナイズ・ロンドン)

「クスッ」と笑える応援メッセージ
クチデザインのハンカチ 各1000円

 消耗品であるハンカチは贈り物の定番だが「頑張る目的」を記した包装と、目標にちなんだポップな刺繍が施されたこちらは目を惹く逸品。同僚や部下に、あるいは馴染みのある取引先に。目標達成に励む人への応援の気持ちを、サラリと伝えるには最適だ。
(クチデザイン)

Latest