ヘルスUP

日経Gooday 30+

手足の冷え防ぐ6つのコツ カギ握るは「AVA血管」

日経Gooday

2017/12/1

襟元や手首、足首の開口部をしっかり閉じるのは大きなポイントのようです。(c)Ekaterina Taraikovskaia-123rf
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

 今年も寒い冬が近づいてきた。私たちの体は、寒いと血管が収縮して手足が冷たくなり、やがてガタガタと震えを起こして熱を作り出そうとする。これは誰にでも起こる生理的反応だが、このとき、皮膚が寒さを感じると真っ先に収縮して体温調節に貢献する特別な血管がある。「動静脈吻合(どうじょうみゃくふんごう:Arteriovenous Anastomoses、以下AVA)」と呼ばれる血管だ。AVAの仕組みを知って、冷えを防ぐには? 神戸女子大学教授の平田耕造さんに聞いた。

■体温調節を担う血管、AVAとは?

 通常、心臓から送り出された血流は、動脈の太い血管から末梢の毛細血管まで及び、静脈を通って心臓に戻っていくが、毛細血管に枝分かれする前の動脈と、静脈とを直接つなぐやや太い血管がAVAだ(図1)。

(平田さんの資料を基に作成)

 AVAは、皮膚では手足の末端、顔の一部だけに存在する特殊な血管だ(図2)。手の場合、甲側ではなく、手のひら側にあり、足では足裏と指、顔では耳、まぶた、鼻、唇と、皮膚の薄い末梢に多く、皮膚表面から約1mmと毛細血管より少し深いところに1平方センチ当たり100~600個存在する。拡張したときの直径は毛細血管の約10倍。つまり、流体力学の法則から流れる血流量は1万倍にもなる。一方で、完全に閉じると血流量はゼロになる。

(平田さんの資料を基に作成)

 AVAと体温調節について研究をしている平田さんは、AVAの役割について、次のように話す。

 「全身にある毛細血管は細胞に酸素や栄養を運ぶのが役割ですが、AVAにはそうした役割はありません。AVAは体温調節が仕事で、拡張して胴体部分から、熱を奪われやすい末端部分へ熱を運ぶことができるように、末端に多く存在しています。ただし、寒さが強くなると、AVAは収縮して末梢への血流を減らし、そこから熱が逃げるのを防ぎます。脳や心臓など生命維持に必要な体の中心部の温度を保つことを優先するためです」

 そもそも腕のように胴体から飛び出したところや手足の指、鼻、耳のように凹凸があるところは、容積に対する表面積の割合が大きいため、広い面積から多量の熱が空気中に放散されて冷えやすい。そのときにAVAが開いていると体の熱が手足の血流を通じてどんどん奪われてしまう。そんな事態を防ぐため、寒いときにはAVAが収縮して末端への血流を減少させることで、体の熱が手や足を通じて逃げるのを防ぐのだ。冬に手先や足先が冷えて困るのは、それらの部位を犠牲にしてでも命を守るための生物としての賢い反応だったのだ。

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL