駒東の同級生に「敗北」 ユーグレナ創業に生かす出雲充・ユーグレナ社長が語る(下)

ユーグレナの出雲充社長
ユーグレナの出雲充社長

バイオベンチャー、ユーグレナの出雲充社長(37)が語る母校、駒場東邦中学・高校(駒東、東京・世田谷)時代の思い出。米スタンフォード大学にも似た自由で開放的な校風を謳歌する様子を、前回(「『人前で勉強はダサい』 ユーグレナ出雲氏育んだ駒東」)で振り返ってくれた出雲氏。今回は、その後のキャリアに影響を与えることになる様々な出来事について、さらに話を続けた。

パソコンに出合い、独学でプログラミングを勉強した。

印象に残っている思い出の一つに、文化祭があります。ちょうどインターネットが登場した時期でした。業務用コンピューターを扱う会社でエンジニアをしていた父の影響もあり、コンピューターに興味を覚えた私は、親にマッキントッシュを買ってもらい、独学でプログラミングを勉強しました。中3の時には、友達を誘ってインターネットの同好会を立ち上げました。

高1の文化祭では、そのマッキントッシュを学校に持ち込んで、デジタルカメラとプリンターにつなぎ、顔写真入り名刺を作るデモンストレーションをしました。今なら珍しくも何ともありませんが、当時は画期的なことで、予想以上の大盛況。トレンドに疎かった私は、当時写真シール作成機がはやっていたことなどまったく知りませんでしたが、どうやらそれにそっくりだということで、希望者が殺到したようです。

この時の経験は私に、思い付いたことを形にすることの面白さを教えてくれました。それを後押ししてくれる環境が、家庭にも学校にもあったことは、その後の自分にとって、とてもラッキーだったと思います。

自由放任だったが、ほったらかしではなかった。

駒東の特徴の一つだと思いますが、教科によって「分割授業」というのがあります。一時的にクラスを少人数に分割し、より生徒に寄りそった授業をするのが目的です。教育方針は自由放任ですが、けっしてほったらかしではありませんでした。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら