出世ナビ

リーダーの母校

「人前で勉強はダサい」 ユーグレナ出雲氏育んだ駒東 出雲充・ユーグレナ社長が語る(上)

2017/11/20

ユーグレナの出雲充社長

東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に、世界初となるミドリムシから作ったバイオ燃料で飛行機を飛ばすと宣言したバイオベンチャー、ユーグレナの出雲充社長(37)。出身は、中高一貫の私立男子校、駒場東邦中学・高校(駒東、東京都世田谷区)だ。東京大学の合格者数を伸ばし脚光を浴びるが、そんな母校を出雲氏は、世界的な起業家を送り出していることで知られる米スタンフォード大学と重ね合わせる。

近所の先輩に憧れて駒東を受験した。

2歳の時に、弟が生まれたのをきっかけに、神奈川県川崎市から東京郊外の多摩ニュータウンに引っ越しました。父はいわゆる猛烈サラリーマン、母は専業主婦。典型的な日本のサラリーマン家庭でした。

実家が会社経営でもしていれば、将来は自分でビジネスをやろうかという気持ちも多少は芽生えたのでしょうが、そういう家庭環境ではなかったので、自分が起業家になるなどとは、その時は夢にも思いませんでした。

駒東を受験したのは自分の意思です。小学校高学年のころ、近所に駒東に通う中学生がいて、その人を見るたび、何て格好いいんだろうと思ったのが動機です。

私も両親も中学受験に関心がなく、その中学生が通う駒東以外の進学校は知らなかったというのも事実です。小学生のころは、放課後は毎日、近所の公園で弟や友達と泥だらけになって遊んでいましたし、母親も私たち兄弟に向かって「勉強しなさい」と言ったことは一度もありません。ただ、6年生の時に駒東に行くと決めてからは、自分の意思で塾に通い始めました。

駒東は、今は入学するのがすごく難しくなっているようですが、私のころは、入るのがそこまで大変という感じはありませんでした。まあOBとしては、こんな得な話はないなとひそかに喜んでいますが。

駒東では、勉強は格好悪いことだった。

試験に受かって進学校に入ったわけですが、授業が始まってからも、変な気負いも、勉強のプレッシャーもまったく感じませんでした。

駒東には昔から、人前で勉強するのはダサい、人に勉強している姿を見せるのは格好悪いという文化というか校風、価値観みたいなものがあります。上級生から下級生に代々受け継がれてきた伝統でしょうか。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL