グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食を旅する

ご当地ちゃんぽん、透明スープやあんかけも 地域映す

2017/11/21

鳥取カレーちゃんぽんは麺の上に直接カレーあんがかり、とうふちくわが添えられる

本州に移ろう。山口県長門市の「ながとりちゃんぽん」は今回が初登場だ。「やきとりの町」として名高い長門の、まさに焼き鳥を具に取り入れたちゃんぽんだ。

長門やきとりの最大の特徴である、後がけする大量のガーリックパウダーも、ちゃんぽんにかけて食べる。

鳥取市は、本州のちゃんぽんを代表する「あんかけ麺」で知られるが、今回は、鳥取市が全国でも有数のカレー消費量を誇ることから、カレーをあんかけ風にした鳥取カレーちゃんぽんを出展した。具として添えられている白いちくわは、鳥取のご当地グルメ、魚のすり身と豆腐を合わせて作ったとうふちくわだ。

尼崎あんかけちゃんぽん ねっとりしたあんが麺に絡みつく

兵庫県尼崎市からは「尼ちゃん」の愛称で親しまれている尼崎あんかけチャンポンが出展した。地元では唯一の共通点が「あんかけ」で、具材や味は店ごとに違うという。白濁スープとは一線を画した「あんかけラーメン」の味だ。

滋賀県彦根市の近江ちゃんぽんは、関西を代表するご当地ラーメンとしても広く知られるちゃんぽんだ。カツオ節や昆布などでだしを取り、薄口しょうゆをベースにしたかえしを合わせた和風のスープが特徴。たっぷりの野菜もヘルシーで、地元では酢をたっぷりかけて食べるのが作法になっている。

和風スープの近江ちゃっんぽんには酢が必須

遠く北海道から参戦したのは、網走ちゃんぽん。練り物の町として知られ「日本一長いちくわづくり」で小浜ちゃんぽんを擁する長崎県雲仙市と対決したのが誕生のきっかけ。練り物を生かしたちゃんぽんを北海道に定着させるべく、小浜のスープを使って新たに「ご両地ちゃんぽん」を生み出した。

最後は海外から。韓国のちゃんぽんは、食堂はもちろん出前専門店まであるという、市民に深く愛されている定番メニューだ。ただし、味付けは韓国らしく真っ赤な辛いスープになっている。たとえ日本語が通じなくても、現地の店で「ちゃんぽん」と注文すれば、こうした真っ赤なちゃんぽんが運ばれてくると言う。

韓国ちゃんぽんの真っ赤なスープ

ご当地ちゃんぽんのキーワードとも言える「ローカライズ」は、海外にも波及したことになる。

札幌の味噌、福岡のとんこつなどご当地ラーメンは、その土地ならでは味わいが魅力。ちゃんぽんも同様だ。九州に限らず、旅先で訪れた店で「ちゃんぽん」のメニューを見つけたら、ぜひ注目してほしい。ちゃんぽんとの新しい出合いがそこに待っているかもしれない。

(渡辺智哉)

大人のレストランガイド

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL