iPhone Xの顔認証 日常生活に潜む意外な弱点発見

iPhone Xで気になる機能が「顔認証」。日常生活のなかでいろいろ試してみた
iPhone Xで気になる機能が「顔認証」。日常生活のなかでいろいろ試してみた
日経トレンディネット

iPhone X(テン)の新機能の中でも、発表時から話題になっていたのが顔認証システム「Face ID」だ。実際に使用した人たちには「快適」「予想以上」という評価だったが(「iPhone X実機検証 識者3人とも『顔認証は使える』」参照)、本当に不便な点はないのだろうか。実際に購入した著者が、日常生活のなかでいろいろ試してみたところ、意外な場面で認識されないケースが出てきたという。

登録は「え? これだけ?」で終了

11月3日、発売されたiPhone X。有機ELの全面ディスプレーにホームボタンの廃止など、大幅なモデルチェンジが行われている。なかでも注目されているのは、赤外線センサーを利用した顔認証システム「Face ID」だろう。

Face IDは、赤外線で顔の輪郭や凹凸を読み取り、本人かどうかを判断する。これまでのiPhoneは指紋を使った認証システム「Touch ID」を採用してきたが、それにかわる生体認証がこのFace IDだ。

このFace IDで不便なことはないのだろうか。iPhone Xを自腹で購入した筆者が、日常生活のなかでどのぐらい使い物になるのかを試してみた。

Face IDを利用するには、当然だが、iPhone Xに「顔」を登録する必要がある。iPhone Xの初期設定時に設定できるほか、「設定」アプリからも登録できる。

「設定」アプリを開き、「Face IDとパスコード」→「Face IDを設定」の順にタップすれば、Face IDを設定する画面が表示される。もし、Face IDが不調になった場合にも、この画面から再設定することが可能だ。

顔の登録は、表示された指示にしたがって、顔をぐるっと一周回す動作を2回行うだけ。Touch IDのときは、1つの指の指紋を登録するにもある程度の時間が必要だったが、Face IDの登録は「え?これだけ?」というほど、あっさりと終わる。

外周がすべて緑色になるよう、顔を一周させて登録する。この動作を2回行い、登録は完了だ

登録が終わると、すぐに使えるようになる。ロック画面でiPhone Xを見つめると、画面の鍵マークが外れた状態になり、Face IDで解除できたことが分かる。ここで、上にスワイプすればホーム画面が表示される。

ホーム画面をすぐに表示させたい場合には、iPhone Xを手に持った際に、iPhoneを見つめながら画面を上にスワイプすればいい。こうすることで、認証とホーム画面の表示が同時に行われる。

Face IDでロックが解除されると、鍵マークが解除状態になり、「上にスワイプして開く」と表示される
Face IDの認証が何度か失敗すると、パスコードを入力する画面になる

iPhoneを手にしてからホーム画面が表示するまでの時間は、Touch IDで認証したときとそれほど変わらない。タイミングによってはFace IDの認証画面が一瞬表示されることがあり、それが表示されると少し間があくが、かかる時間はわずか。気になる程度ではなく、快適に使える。

ただ、Touch IDのときは、机に置いたままホームボタンを押してもホーム画面が表示されたが、Face IDではiPhoneをのぞき込まないといけない。この辺りはiPhoneの操作方法を変える必要がありそうだ。

夜でもメガネでも認証できる

日常生活の中で、Face IDがどのぐらい使えるものなのか試してみた。

まずは、明るい室内や日光の下。当然、誤動作もなく認識した。夜の薄明かりしかない歩道やコンビニの暗い駐車場でも問題なく認証する。

日光の下でiPhoneを顔に向けると、即座に認証が完了した。何度も試してみたが、失敗することはなかった

しかも認識スピードがどちらも速い。操作するためiPhoneを顔の前に向けるだけで鍵マークが解除の状態になっている。ちゃんと認証しているのか、不安になるほどだ。

iPhone Xを持ち歩いている途中に気づいたのが、メガネの有無は関係ないということ。筆者はほぼ一日中メガネをつけているが、顔の登録の時、なんとなくメガネを外して登録していた。その後、メガネをはめて操作していたが、何の問題もなく認証される。これはかなり便利だ。

暗めの夜道でも、日中と変わらないスピードで認証された

Face IDが使えない場面とは?

ただ、Face IDが使えない場面もあった。それはマスクを着用したときだ。筆者は花粉症がひどく、外出時にマスクは欠かせない。このように、マスクで顔半分が隠れた状態では、登録した顔の人物と同一人物として扱うのは難しいのだろう。花粉症の季節はパスコードを利用して認証するなど使い方の工夫をする必要がありそうだ。

マスクを装着して試してみたが、顔の半分が覆われてしまうため、認証されない

次にフリーザーバッグに入れた状態でも認証されなかった。筆者は風呂場にiPhoneを持ち込むとき、フリーザーバッグに入れて水没対策を行っている。これは透明な入れ物だし、さすがに大丈夫だろうと思っていたが、うまく認証されなかったのだ。

透明なのになぜだろうと考え、何種類かのフリーザーバッグで試したところ、認証できるものとできないものがあることが分かった。これは、メーカーや製品に依存するのかもしれない。

フリーザーバッグに入れると、認証されなくなることが多い。風呂場では、パスコードでロック解除するしかないだろう

あとは、iPhone Xと顔との距離が近すぎると認証されないことも分かった。筆者の場合、眼鏡をかけていないときにiPhoneを操作しようとすると、どうしても画面と顔の距離が近づいてしまう。それではうまく認証されないのだ。眼鏡をかけていないときには、まず顔認証を済ませてから、iPhoneを顔に近づける癖をつけるなどの工夫が必要になりそうだ。

アプリの認証はTouch IDよりも快適

今回、Face IDは認識されない場面もあったが、日常使いであれば困ることなく利用できそうだ。Touch IDは、指先が湿っていたり、乾燥していたりすると使えないことが多かったが、Face IDは、そのような環境に左右されず使えるだろう。

また、サードパーティー製アプリも、Touch IDに対応したものであれば、そのままFace IDに対応しているのもうれしい。認証のためにわざわざ操作する必要がなく、ただ画面を見つめているだけでいい。アプリの認証に関しては、Touch IDよりも使い勝手がいいといえるだろう。

Face IDは想像以上に自然に使用することができた。Touch IDよりも認証しやすくなったという印象もある。Touch IDの認証がうまくできず、ストレスをためてきた人は、Face ID目当てにiPhone Xへ機種変更するのもいいだろう。

(文 村瀬浩司)

[日経トレンディネット 2017年11月8日付の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧