出世ナビ

キャリアコラム

苦境の大塚家具 「かぐや姫」社長に光はさすか

2017/11/10

大塚家具の大塚久美子社長

経営方針を巡り、創業者の父親と現社長の娘が対立して「お家騒動」に発展した大塚家具。業績は悪化の一途をたどっている。2017年1~9月期の営業損益が40億円の赤字(前年同期は37億円の赤字)になった。このため貸会議室運営のティーケーピー(TKP)から10億円の出資を受け業務提携する。大塚久美子社長は「来期は黒字化する」と強気の姿勢を崩さないが、市場は懐疑的。他社による買収説も浮上する。一方で父親の大塚勝久前会長は独自に高級家具店「匠大塚」を立ち上げ、次々店舗を開設、今やライバル企業だ。「かぐや姫」久美子社長に光がさす日は来るのか。

■TKPとの提携、「違和感」の声も

11月初旬、人であふれかえる東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー」の帰りに、近くの大塚家具の旗艦店「有明本社ショールーム」に立ち寄ったが、顧客は多くはない。上品で、高価格帯の家具が並ぶが、かつてのように顧客と販売員が熱心に交渉している様子はほとんど見られなかった。

「もう大型店至上主義は通用しませんから。TKPと連携することで店舗の無駄がなくなる。店舗と会議室をうまく連携して相乗効果を上げたい」。11月6日の決算会見で、久美子社長はTKPとの資本業務提携について、こう語った。店舗の空いたスペースを会議室として活用するという。ただ、市場関係者は「大塚家具を巡っては家具大手による買収説が浮上している。他業態のTKPとの業務提携には違和感がある。抜本的な再建策とはほど遠い。店が余剰なら縮小したり、閉鎖するしかない」(証券アナリスト)と見方は厳しい。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL