グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

dressing

バター丸ごと大胆に こだわり「プレミアムクレープ」

2017/11/13

 千葉県との県境にほど近い、ファミリー層が多く住むベッドタウンの東京・葛西。2017年1月、東京メトロ東西線の葛西駅前に小さなクレープ店がオープンした。「BABY'S BREATH(ベイビーズ ブレス)」だ。

Summary
1.バターの香ばしさが存分に味わえる「プレミアムバターシュガー」
2.具材に合わせ、生地の焼き方にまでこだわり抜く
3.「カスミソウ」という店名に込められた想い

 「カスミソウ」という意味の英語の店名には、「カスミソウのように、人々の日々の暮らしを引き立て、町を彩る店にしたい」という、店主の佐藤さんの想いが込められている。

店名が意味する「カスミソウ」のように、店舗も派手ではないが、さりげなくかわいらしいたたずまい

 人通りの多い駅前にあって、決して派手ではないけれど、さりげなく、それでいて、どこまでもかわいらしい。そんなたたずまいは「カスミソウ」のイメージそのものだ。

 一番人気は、最も味にこだわったという「プレミアムバターシュガー」。バターがしたたるほどぜいたくに焼き上げられ、ひと口ほお張れば、芳醇(ほうじゅん)なバターの香りが口いっぱいに広がる。生地もまた、ふわっふわでおいしい。

クレープ生地の焼き方に最もこだわる「プレミアムバターシュガー」

 この味を求めて、常連になってくれる客も少なくないという。「とにかくクレープ生地がおいしいお店を作りたくて……。クレープ生地だけ買って帰る常連さんもいらっしゃるんですよ」(佐藤さん)というから驚きだ。

「見た目は地味なのでインスタ映えはしないんですけどね」と楽しそうに語る佐藤さん。表面的な見た目に流されない、しっかりとした「本物の味」への追求が、そこにはある。

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL