WOMAN SMART

グルメ・トラベル

ハワイ・ホノルルは改装ラッシュ 最旬ホテルの選び方

2017/11/10

新しいショップやレストランが増えて話題のクヒオ通り。リニューアルした魅力的なホテルはこの通り沿いにも

 旅行のポイントの一つが、心地よいホテル選びです。わが家のようにくつろげるホテルを見つけて、滞在中は旅の不安やストレスなく「またここに泊まりたい」と思いながら過ごしたいものです。

 ハワイ・ホノルルは今、ホテルのオープンラッシュ。新しいホテルが続々オープンする一方で、既存ホテルを大幅にリニューアルしてオープンする例も相次いでいます。前の様子が思い出せないほどに変貌したホテルもあり、特にハワイのリピーターからは「穴場」と評判のところも。話題のホテルをのぞいてきました。

■60億円かけて生まれ変わった「プリンス ワイキキ」

 アラワイヨットハーバーを望み、太平洋を見下ろす高層のツインタワー「プリンス ワイキキ(Prince Waikiki)」。オープンは1990年にさかのぼりますが、約60億円かけて大改装、この4月に大きく生まれ変わりました。アラモアナショッピングセンターは客室から見下ろせる近さ。ワイキキの中心部も徒歩圏内。アクセスはよいのにワイキキの喧騒からは離れているのが大きな評価ポイントです。

(左)全面改装したプリンス ワイキキ、(右)ロビーの空間には魚のアート。ストーリー性のあるインテリア

 1階ロビーフロアの天井一面に浮かぶのは、ハワイ特有の回帰魚「ヒナナフィッシュ」をモチーフとした印象的な銅板のアート。リノベーションにあたって、ホテルスタッフとその家族によってつくられたそうです。足元には川の流れが描かれ、ロビーの床は海の色(ブルー)と陸の色(茶色)に区分けされています。

 もともとこの地はピイナイオ川が海に合流する河口地点で、古代ハワイの旅行者たちはこの合流点で休息をしていたそうです。河口地点には小さくて愛らしい花「ナイオ」が咲いていたことから、客室の壁にはナイオの花が描かれています。

客室の壁に描かれた花は、昔この地に咲いていたナイオ。フラリーカラーというアートで描かれています
改装で魅力的になったプール。水面と海の水平線が連なる絶景が印象的

 そして何より開放的なのが、5階にあるプール。改装して一番魅力的になった場所です。

 「え、ここワイキキだったっけ」

 そんな声が聞こえてきそうな、水平線とプールが一体化した絶景を楽しめるインフィニティータイプのプールです。ジェットバスに入ったり、パラソルの下でゆっくり本を読んだり。これまで「ホノルルには行きたいけれど、人が多くてちょっとリラックスできない」と思っていた人にはまさに穴場といえそうです。

■オフィスビルが、おしゃれなハイアット系列のホテルに変身

 今年オープンした注目のリニューアルホテルは他にもあります。ワイキキのメインストリート、カラカウア通りと並行して走るクヒオ通りは、おしゃれなレストランやカフェがどんどん増えて、カラカウア通りも顔負けの充実ぶり。このクヒオ通り沿いにあった古いオフィスビルが全面リニューアルでホテルに変身したのが「ハイアット セントリック ワイキキ ビーチ(Hyatt Centric Waikiki Beach)」です。

 230室の客室を備え、8階のレセプションフロアは屋外プールとつながっていて光と風を感じられる空間です。

 すべての客室には、ミネラルウオーターなどを入れて持ち歩くためのリフィル・ボトルが置かれ、チェックアウト後に持ち帰ることができます。日本人ゲストは約2割とまだ少なめですが、このエリアは今後、注目度が急上昇しそうです。

ハイアット セントリック ワイキキ ビーチ。オフィスビルだったとは想像できないスタイリッシュなホテルに変身

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL