WOMAN SMART

キャリア

健康寿命を延ばすには 何歳でもチャレンジを ダイバーシティ進化論(出口治明)

2017/11/11 日本経済新聞 朝刊

PIXTA

 「人生100年の時代」と言われる。日本人の平均寿命は女性が87.14歳、男性は80.98歳(2016年)で、いずれも香港に次いで世界2位。国立社会保障・人口問題研究所の推計では女性の平均寿命は45年に90歳を超え、100歳以上人口は38万人と現在の6倍近くに達する。秦の始皇帝が願い続けた不老長寿。「人類の夢」を日本は世界に先駆けて実現しつつある。

 しかし我々が望むのは、ただ長生きすることではない。元気に活動できる状態で、長く人生を楽しむことだ。健康寿命を延ばすにはどうしたらいいか。何人もの医師に尋ねたところ、最も多かった答えは「働き続けること」だった。

 夢の長寿社会の日本だが少子化は深刻だ。働き手は減り続け、生産年齢人口(15~64歳)は50年後には現在の6割程度の水準にまで落ちる。労働力不足はこの先さらに深刻になる。働き手の確保と健康寿命の延伸。両方を実現するためには、年齢に関係なく活躍できる仕組みが必要だ。しかし日本には「定年」という不条理の壁が立ちはだかる。

 以前、ある企業でシニア社員向けの講演を依頼された。人事担当者は「50歳を過ぎた社員の多くは、やる気を失ってしまう。彼らの意欲がわくような話をしてください」という。その会社の人事制度を聞くと、53歳で役職定年、60歳で定年。65歳まで再雇用を選べるが、給与は仕事の成果にかかわらず3割程度になるという。僕は担当者に尋ねた。「君が50歳になったとき、この人事制度の下でやる気がでると思う?」と。答えはノーだった。

 年齢だけを理由に役職を奪われたり、待遇を下げられたりすることは、働き手の意欲を確実にそぐ。やる気のないシニアを横目に仕事に追われることになる若手や中堅社員にもマイナスだ。定年制を廃止し、意欲と体力と能力さえあれば何歳でも働き続けられる社会に今すぐ移行すべきだ。

 人生100年時代を生きる働き手には、組織にぶら下がろうとするのではなく、培ってきた経験や能力を生かせる場所を見つけてほしい。第一線を離れベンチを温めていると、仕事力はどんどん落ちてしまう。今の組織で自分の力を発揮できなくなったと感じたら、何歳であっても新しい仕事に挑戦すべきだ。行動を起こすのに遅すぎることはない。誰にとっても今この瞬間が、これからの人生で最も若い時なのだから。

出口治明
 
ライフネット生命保険創業者。1948年生まれ。72年日本生命に入社、ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを務める。退社後、2008年にライフネット生命を開業し社長に就任。13年から会長。17年6月に退任。『「働き方」の教科書』、『生命保険入門 新版』など著書多数。

[日本経済新聞朝刊2017年11月6日付]

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL