よくわかる

アメリカンライフが原点 今や日本ブランドを海外発信 よくわかる セレクトショップ(2)

2018/1/10

ビームスは日本の魅力発信にも注力する(2017年4月、ビームスジャパンに並ぶ熊本・天草の名産品)

 アメリカの生活が手に入るお店を日本に――。「セレクトショップご三家」の一社、ビームス(東京・新宿)の創業の原点だ。インターネットが普及する以前、モノを通じて「海外へのあこがれ」という消費者の要望に応えて成長してきた。

 扱うのは、衣料品だけではない。米ナイキのスニーカーなどの靴に加え、ローラースケートやねずみとりなどの雑貨も幅広く展開。お店に来れば米国や欧州のライフスタイルを味わえるとして若者を多く集めた。

 情報が少ない時代は足で稼いだ知見を商品で見せることで十分だったが、1990年代にネットが普及。さらにスマートフォンが当たり前のものとなったことで、セレクトショップは別の付加価値を模索する段階へと変わってきた。

■日本ブランドを世界に発信

 2008年設立の TOKYO BASE 。コンセプトは「FROM JAPAN TO THE WORLD」。東京発ブランドや日本生産にこだわり、日本ブランドを世界に発信する目標を掲げる。17年2月期の売上高は、前の期比54%増の93億5000万円。日経MJの16年度「日本の専門店調査」では、売上高伸び率が全業種を通じて首位と人気を集める。

Latest