セカオワ・藤崎彩織 メンバーにも秘密の創作ノート

人気バンド「SEKAI NO OWARI」の藤崎彩織さんが持ってきてくれたのは、「メンバーにも見せたことがない」というノートだった
人気バンド「SEKAI NO OWARI」の藤崎彩織さんが持ってきてくれたのは、「メンバーにも見せたことがない」というノートだった

『RPG』や『ドラゴンナイト』など数々のヒット曲で知られる人気バンド、SEKAI NO OWARI。バンドの紅一点で、ライブの演出も手がけるピアニストのSaoriさんが、作家・藤崎彩織として初めての小説『ふたご』(文芸春秋)を完成させた。多忙な音楽活動と並行して、5年を費やして書き上げた創作の原点とも言えるモノが、楽曲やライブ作りにも欠かせない、SEKAI NO OWARIのメンバーにも見せたことがないというノートだった。

失敗した痕跡も残したい

さまざまなノートを使ってみた結果、たどり着いたというLIFEのKAPPAN NOTE

バンドで楽曲制作やライブの演出などを担当しているので、思いついたアイデアはいつもノートにまとめています。簡単なメモだけならスマートフォンやタブレットでも事足りるかもしれませんが、下手くそながら絵を描いたり色分けして見やすくしたいので、ノートが一番頭を整理しやすいんです。今回の小説を執筆するときも使いました。

この方眼ノートを使い始めたのは3、4年ほど前から。日産スタジアムでの初ライブ(2015年)のメモも書いてあります。

それ以前も、けっこういろいろなノートを使いましたね。一般的な罫(けい)線のノートやルーズリーフ、リングノートなどなど、サイズも含めていろいろ試しました。使い続けるうちに、サイズはこのくらいがいいなとか、横罫線だと文字が斜めになったりラインからはみ出していたりすると後から見たときに「汚い」って気分が落ちるなとか(笑)。かといって、白紙は文字を羅列するときに書きにくいんですよね。その点、方眼ノートは絵を描くときもラインがあまり気にならないし、少しぐらい文字が斜めになっても乱雑に見えないので気に入っています。中とじよりリングノートのほうがすてきなんですが、性格的に気に入らないとそのページを破り捨ててしまいそうで(笑)。自分が失敗した痕跡も残したいんです。

使っているのは方眼タイプ。絵が描きやすく、文字が斜めになっても気にならないところがいいという
MONO TRENDY連載記事一覧