バイキング死装束にアラビア文字 「アラー」の単語も

日経ナショナル ジオグラフィック社

2017/10/28
ナショナルジオグラフィック日本版

アラビア文字が織り込まれたバンド(Photograph by Annika Larsson)

バイキングの墓から見つかる死装束にアラビア文字が織り込まれていたことを、スウェーデンの研究者が発見した。これらの衣服は100年以上前に見つかったものだが、バイキング時代の典型的な死装束として片付けられ、そのまま保管されていた。新たに行われた調査により、はるかに興味深いものであることが明らかになった。

死装束が見つかった場所は、バイキングの船葬墓やバイキング時代の主要都市ビルカの墳墓。「興味深いのは、『アラー』という単語が鏡文字で記されていたことです」と、文字を発見したスウェーデン、ウプサラ大学のテキスタイル考古学者アンニカ・ラーソン氏は語る。

北欧で見かけない幾何学模様

文字は、絹の帯に銀糸で織り込まれていた。ラーソン氏は、バイキング時代の埋葬に関わる慣習は、死後に天国で永遠の生を得るという思想のほかに、イスラム教の影響も受けていたのではないかと考えている。

「コーランには、天国の住民は絹の衣服を着ていると書かれています。このことと帯に織り込まれた文字から、バイキング時代の墳墓の多くで絹が発見されている理由がわかるかもしれません」とラーソン氏は言う。なお、絹は男性の墓からも女性の墓からも同じように発見されているという。

ラーソン氏によると、死装束に織り込まれた細かい幾何学模様は、北欧では見たことがないものだったという。これらはバイキングが独自に編み出した模様ではなく、クーフィー体という古い書体のアラビア文字だった。

研究者は文字を拡大し、裏側からも含め、あらゆる角度から見てみた。頻繁に見つかったのは、イスラムの第4代カリフの名前「アリ」と、アラビア語で神を表す「アラー」という単語だった。

ナショジオメルマガ
次のページ
シーア派とつながりがあった?
ナショジオメルマガ