日経Gooday

正解は、(1)ホント です。

カルパッチョやマヨネーズを使った料理も効果あり

悪酔い・二日酔い対策には、アルコール血中濃度を急激にアップさせないようにすることが大切です。そのためには、空きっ腹でいきなり飲むのはもちろんNG。では、事前に何を食べればいいのでしょうか。

アルコールを飲んで、カラダの中でまず吸収されるのは胃ですが、ここで吸収されるのは全体のわずか5%程度。残りの95%は小腸で吸収されます。「アルコールが腸に送られれば一気に吸収されます。ですから、いかに胃でのアルコール滞留時間を長くし、小腸へ送る時間を遅くするかが、アルコールの血中濃度を上げない(=酔いを遅くする)カギになるのです」と東海大学医学部内科学系消化器内科学教授の松嶋成志さんは解説します。

油分は胃での吸収時間がとても長く、消化管ホルモンの一種であるCCK(コレシストキニン)などが働き、胃の出口となる幽門を閉め、胃の中を撹拌(かくはん)する働きがあるそうです。「油といってももちろんそのままではなく、刺し身にオリーブオイルをかけたカルパッチョ、マヨネーズを使ったポテトサラダなど油を使った前菜向けの料理を最初に食べるといいでしょう。最初に食べるともたれそうですが、から揚げ、フライドポテトなども効果が期待できます」(松嶋さん)

タウリンやセサミン、スポーツ飲料も

それでは、酒席で杯が進んだ後で、血中アルコール濃度をできるだけ早く下げ、悪酔いや二日酔いにつながらないようにするためにはどうすればいいのだろうか。松嶋さんによると、「アルコールの分解に必要な代謝物を補う」ことだという。

「お酒を飲んで既に上昇してしまったアルコール血中濃度は、そう早くは下がりません。しかし、肝臓での代謝を助ける成分は摂取した方がいいでしょう。例えば、タコやイカに含まれるタウリン、ひまわりの種や大豆などに含まれるL-システイン、ごまなどに含まれるセサミンなどです」(松嶋さん)

もちろん、水分の摂取も必要になります。「アルコールは抗利尿ホルモン作用によって尿量が増えて脱水症状に陥りやすいため、それを防ぐためにも水分はお酒を飲んだ後に限らず、飲んでいる最中も飲むようにしましょう。飲酒の後は、体内の水分維持効果がある電解質が含まれる飲料が効果的です」(松嶋さん)

お酒を飲むときのつまみの選び方で悪酔いや二日酔いを予防できるとはいえ、自分のアルコール分解能力を超える量を飲んでしまえば、必ず二日酔いになってしまいます。飲み過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

(日経Gooday編集部)

[日経Gooday 2017年10月10日付記事を再構成]

注目記事