ご当地食材が集合!レトルトカレー食べ比べランキング

実りの秋は食材が豊富にそろう季節です。なかでも、地域の食材を使った「ご当地カレー」は品質やブランド力が年々向上し、アンテナショップや道の駅などでも不動の人気に。近年では、レトルトのご当地カレーを100種類以上もそろえる専門店やスーパーも登場し、気軽に購入できるようになりました。

そこで今回は、ご当地感満載のレトルトカレー17種類を食べ比べ。具材は肉、魚介、野菜、フルーツと幅広く集めました。価格は500~900円台と、一般的なレトルトカレーよりもちょっと高め。贈答用として使える商品もあります。

食べ比べをしたのは食の専門家である4人。味、香り、具材、価格、パッケージ、利便性などを総合的に審査。ベスト3も発表します。

写真左:牛田うっしぃさん パクチー好きから圧倒的支持を誇り、メディアにも多数登場するパクチーハウス東京(東京・経堂)店長。 右:斉藤千晴さん 1級フードアナリスト。ジャパンフードセレクション最終審査委員
写真左:兼松直子さん ワインエキスパート。ワインの情報サイト「ソムリエノート」にて執筆中。 右:伊能すみ子さん アジアンフードディレクター。スパイスの知識を生かした料理提案や執筆を手がける

気になるその味は? さっそく実食してみましょう!

さくらんぼ、いちごも主役! フルーツや野菜のカレー

ご当地ブランドとして知名度の高い野菜やフルーツは、カレーに欠かせない食材です。野菜のカレーはよくありますが、フルーツも隠し味の定番。しかし、フルーツが主役となると、どんな味なのでしょう。

いちご、さくらんぼ、レモン、いも煮… ゆるキャラも描かれて個性的なパッケージ

まず審査員から驚きの声が上がったのが、フルーツのカレー。山形産さくらんぼの果肉が入った「さくらんぼカレー」(後藤屋、648円/200g)と、栃木産の「とちおとめ」を使用した「いちごのカレー」(永井園、540円/200g)です。

斉藤さんは、さくらんぼカレーに「ソースがピンク色! この色合いは流行りのキャラクター料理にも活用できそう。果肉もしっかりあって、爽やかな酸味が女子向きかも」とコメント。兼松さんはいちごのカレーに「見た目はカレー色だけど、いちごの甘い香りが漂ってギャップがおもしろい。カレーをじゃませず、マッチしています」と好印象の様子。話題性があるだけではなく、カレーらしさを消さないしっかりした味に審査員も納得です。

熊本・有明ファームで栽培されたきのこ5種類を使用した「くまモン 玉名立願寺きのこカレー」(四ツ山食品、540円/200g)は、「食べる前からきのこのよい香りが漂います。濃厚なソースに仕上がっているので、ドリアにしても楽しめそう」(伊能さん)。

山形県の郷土料理、いも煮を和風カレーに仕上げた「いも煮カレー」(後藤屋、648円/220g)の箱の裏面には「うどんでの食べ方」が記載されていました。斉藤さんからは「サトイモがゴロッと入っていて、和風の味付けがうどんにも合いそう。山形なら、そばでも試してみたい」と、アレンジ方法のコメントも。

海の幸が満載 海鮮のカレー

海に面した地域では、ご当地の海産物が豊富。ホタテ、イカなどのレトルトカレーは、ソースにもうまみが浸透して個性が出ています。

海の幸、海沿いの町をイメージしやすいパッケージが多い

魚介の存在感がしっかりアピールされたカレーが多数。なかでも富山県の「富山郷土 白えび・ほたるいかカレー」(タカズミ、540円/200g)に注目が集まりました。「白えび、ほたるいかが丸々入っていてびっくり。魚介の味を楽しめてぜいたく」(牛田さん)、「水揚げの様子を描いたローカル色の強いパッケージで、直球勝負しているのがよい。カレーソースの中にも、しっかり魚介のうまみが凝縮されています。ただ、魚介の存在感が逆に好みを分けてしまうかも」(斉藤さん)

北海道のご当地カレーとして有名なスープカレー。スパイスを専門とする伊能さんは、「ほたてスープカレー」(しんや、648円/250g)に「複数のスパイスをミックスしたガラムマサラの香りが後を引くおいしさ。ホタテや玉ねぎの甘さもあり、絶妙なバランス」とスパイス感に好印象でした。

和風のパッケージながら洋食のような味わいに審査員の関心が高かったのが、福井県の「越前いかカレー」(クッキング福井、648円/210g)。「イカのコクと風味がしっかりある。赤ワインがアクセントになっていて、どこかおしゃれ感も。幅広い年齢層に受け入れられそう」と斉藤さん。

ブランド銘柄に注目、肉のカレー

レトルトカレーの中でも圧倒的に種類豊富なのが肉類。特に、銘柄肉をアピールした商品が多いのが特徴です。

贈答品にしてもよいくらい上品なパッケージの商品も。銘柄も購入の目安になりそう

北野エースやマルエツなどのスーパーでも目にするようになった岐阜県の「ビーフカレー 飛騨牛」(吉田ハム、979円/220g)には「牛肉のうまみがすごい」と絶賛の声が全員から聞かれました。「牛肉が柔らかくて食べやすい」(兼松さん)、「牛肉の脂分がしっかり出ていて、カレーソースのうまみと絶妙なバランス」(牛田さん)。「パッケージが上品。価格的には自分用よりも、贈り物として活用したい」という声もあり、他の商品との差別化がしっかりアピールされています。

前述の「富山郷土白えび・ほたるいかカレー」同様に、地域の風景をパッケージに採用した「富山郷土城端ふるさとポークカレー」(タカズミ、540円/200g)に伊能さんは「これをシリーズで集めたら、その土地を知るよいきっかけにもなるかも。実際に行きたくなる」とコメント。9銘柄ある「とやまポーク」のひとつである城端ふるさとポークには「肉の甘みがカレー全体に出ていてホッとする味」と斉藤さん。「豚肉を赤ワインで二晩漬け込んでいるだけあって、大人っぽい味わいに仕上がっています」と、普段からワインをたしなむ兼松さんも納得のようです。

それでは、ご当地レトルトカレー17種類を食べ比べた結果、ベスト3の発表です!