powered by 大人のレストランガイド

スコッチの源流はワイン? ブドウなしで果実の芳醇を世界5大ウイスキーの一角・ジャパニーズ(8)

PIXTA
PIXTA

スコッチウイスキーが持つ香味は多彩である。くだもの系、穀物系、乳製品系、スパイス系、脂質系、木質系、ハチミツ様、スモーキーなど実に様々な香味を持っている。それら全ての香味を持っているオールマイティーなものもあれば、何かに突出したものもある。どちらであっても味わいには共通する深みがあり、余韻を感じさせる。

また、個々の香味はバラバラにならず、調和して「クリーンでバランスが良く、複雑で重層的な味と香り」を形成する。この響き合う味・香りに酔いが加わった時、スコッチはたまらないおいしさ、格別の充実感を飲み手にもたらす。ちなみにこのスコッチに比肩する香味特性を我がジャパニーズが持っているのは本当にうれしい。

評価が高まる国産ウイスキーへと至るウイスキーの歴史と魅力をひもとく本連載、今回からスコッチに主役が移る。

例えば「異味・異臭のないこと」という表現は、一般の食品にはお馴染みの品質用語だが、ウイスキーにはすんなり当てはまらない。ウイスキーの香味の中には当初美味に感じられなくても、経験とともに美味・美香と感じられるようになっていくものも多いからだ。

ウイスキーは香りとともに味わうもの=PIXTA

ウイスキーの香味は、アクワイアード・テースト(Acquired Taste)と言われる。行き合って学び、慣れて、身に付いてくるに従って分かってくるおいしさである。その代表例がスモーキーだ。私は今でもラフロイグを初めて口に入れた時の「これはいったいなんだ!」という印象をはっきり覚えている。

最近、食生活はその多様性が信じられないほどの広がりをみせ、それに伴い消費者が経験する香味の種類も過去なかったレベルに達している。現代人は恵まれている。テーストの獲得に以前ほど苦労しなくて済むからだ。

幼いころから、かつては考えられなかったほどの様々な香味と出合う。例えばコーヒーだ。あの苦味に小学生の時から親しむ時代が来るとは以前なら想像もできなかった。辛さもそうである。チーズやスパイスも若年から親しむことも多い。

スコッチウイスキーの歴史や製法を知る=PIXTA

そうやって開発された味覚の持ち主が世界中に「おいしさ」を探し歩く。グルメブームだ。その波はスコッチにも押し寄せている。例えばウイスキーオークション。競りにかけられる年代ものの落札価格は高騰している。

この旺盛な需要への増産対応、環境保護の動きなど、スコッチウイスキーを取り巻く状況の変化が、伝統的な原材料や製法に影響してきていることは事実である。

スコッチも変化しているのだ。

前置きが長くなったが、スコッチウイスキーの歴史や製法を知り、このあと登場するジャパニーズウイスキーと比較することは、ウイスキーがどんな性格と含蓄を持った酒なのかを理解するのにまたとない機会となろう。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド