N
Men's Fashion
よくわかる

2017/11/22

よくわかる

現在国内に流通しているトレイルランニング用シューズは外資メーカーの製品が多い。フランスで誕生した「サロモン」はラグの高いアウトソールがグリップ力を発揮。「ホカ オネオネ」はグリップ力で滑りやすい路面や斜面に対応する構造などが持ち味だ。競技者が増えれば、国内勢などの参入余地も高まる。

■さまざまな専用スポーツシューズが登場

競技のほか、トレーニング方法の変化も新たなシューズを生む。例えば筋力トレーニングの直後にランニングなどの有酸素運動をすると脂肪を燃焼しやすく、持久力がつくという見方もある。

ゴールドウインは筋トレと室内ランを1足でカバーできるシューズを開発した。2月に発売した「ウルトラニュートラル」はタン部分とライニングが連結し、足首周りのホールド力が高い。重い重量を持ち上げて足に負荷をかけてもシューズ内の足ズレを防げる。

アウトソールはノンマーキングラバーを採用し、床面に跡が残らない。ミッドソールは硬度を変えた2層構造で、自然な足の動きを促して足裏全体で衝撃を吸収する。筋トレ直後にランニングマシンを使ってもスムーズに走れるという。

2020年の東京五輪で正式種目に決まったスポーツクライミングにも注目が集まっている。競技人口・参加人口が増えればビジネスチャンスも広がる。これまではランニングシューズで代用されることが多かったが、今後はさまざまな専用スポーツシューズが登場してくる可能性がある。

=この項おわり

[日経産業新聞 2017年3月30日付を再構成]

<< (3) 狙うは「アスレジャー」 スポーツ靴もモード競う時代

「よくわかる」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram