エンタメ!

東京ふしぎ探検隊

快速と急行、速いのはどっち? もつれる列車種別の謎

2017/10/20

副都心線の行き先表示板。上と下は同じ電光掲示板の写真を合成。東急東横線に乗り入れる際、各停のまま、各停から急行、急行から特急と種別が変わる(東京都豊島区)

 急行や快速、特急、準急など、鉄道会社によって電車の種類はさまざまだ。急行が快速より速い路線もあれば、逆のケースもある。直通運転の拡大で、急行が途中から各駅停車に変わる珍現象も起きている。なぜこれほど電車の種類が増えたのか。調べてみた。

 ◇   ◇   ◇

■急行が途中から各駅停車に

 東京・渋谷駅と横浜駅を結ぶ東急東横線。2013年に東京メトロの地下鉄副都心線と直通運転が始まり、複雑な運行が続いている。

 まずは横浜駅から急行電車に乗った。行き先は「和光市」。横浜高速鉄道みなとみらい線から乗り入れ、渋谷駅から副都心線になる直通列車だ。

東急東横線の「急行 和光市行き」。渋谷駅までは急行の表示が出ていた(東京都目黒区)
東急東横線の「急行 和光市行き」は渋谷駅から副都心線に乗り入れ、「各停 和光市行き」となった(東京都新宿区)

 渋谷で地下鉄となり、東新宿駅まできたところでアナウンスが流れてきた。

 「急行電車の通過待ちを致します。発車までしばらくお待ちください」

 急行に乗っていたはずでは? と思い、行き先表示を確認したところ、「各停」となっている。東横線内は急行だったのに、渋谷駅を境に各駅停車に変わったようだ。

 そのまま乗り続けて和光市駅でいったん降り、ホームに出る。隣のホームで行き先表示の電光掲示板を見ると、「普通 川越市」とある。普通? 各停ではないのか?

 確認のため、副都心線ホームに移動すると、こちらは「各停 元町・中華街」……。何ともややこしい表示だ。

■東武東上線では「快速>急行」

和光市駅の行き先表示。「普通」と「各停」が混在している(埼玉県和光市)

 東横線や副都心線には、西武池袋線、東武東上線、みなとみらい線が乗り入れている。実はこれらの路線、鉄道会社ごとに「急行」「快速」などの呼び名が違うのだ。

 専門用語では「急行」や「快速」などの列車の種類のことを「種別」と呼ぶ。この種別を速い順に並べてみよう。

 まずは東武東上線。「快速急行」「快速」「急行」「準急」「普通」となっている。

 これに対して西武池袋線は、「快速急行」「急行」「通勤急行」「快速」「通勤準急」「準急」「各停」だ。

 一方で副都心線はというと、「急行」「通勤急行」「各停」。東急東横線は「特急」「通勤特急」「急行」「各停」、みなとみらい線は「特急」「通勤特急」「急行」「各停」となっていた。

■東武線、複雑な種別変更の歴史

 似たような名前が並び、よく分からなくなってきたかもしれない。だがよく見ると、鉄道会社によって速さの順番が微妙に違う。特に不思議なのが、急行と快速の順番だ。多くの路線が「急行>快速」となっているのに対し、東武東上線だけは「快速>急行」と逆転しているのだ。

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL