MONO TRENDY

津田大介のMONOサーチ

津田大介 eスポーツ、飛躍の鍵は「成功の逆輸入」 プロチーム「DeToNator」代表に聞くeスポーツの未来

2017/10/19

「海外で活動して感じるのは、一生懸命にゲームに挑んでいる人たちに対する周囲のリスペクトです。もちろんゲームに没頭している子どもを心配する家族はいます。でも、それとは別に、一生懸命にゲームに取り組んでいる人たちを応援して、認めている。それはゲームに限らず、どんなにマイナーな分野でも同じなんです。それに比べると、日本ではマイナーな趣味に熱中している人に冷ややかな雰囲気があるようにも感じます。eスポーツの盛んな国は、ジャンルに限らず、一生懸命に取り込んでいる人をリスペクトしている雰囲気があります」

そう感じているからこそ、DeToNatorは海外での成功を日本に持ち込もうと考えているのだろう。

DeToNatorの江尻さんと。日本人プレーヤーが世界で戦うことで、その評価を日本に逆輸入しようと考えている

■将棋とeスポーツの差は何か

江尻さんとの話で見えてきたのは、eスポーツの海外と日本の盛り上がりの違いは、ゲームという文化そのものに対する評価の差だということだ。確かに日本は基本的に文化に予算をかけない国で、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中でも1人当たり国内総生産(GDP)における文化予算は下位にランキングされている。そして「文化を助成しよう」となると、伝統芸能に偏る傾向もある。

しかし、日本人がゲームを評価しないかというと、決してそうとは限らないと思うのだ。

将棋の藤井聡太四段が29連勝したのは、17年を象徴する出来事だった。藤井四段は本当にすごいと思うが、将棋だって、言ってしまえばたかがゲームだ。それをテレビや新聞社が追いかけて、大フィーバーした。ゲームである将棋をやっている人を受け入れる土壌はすでにあるわけだから、「では、なぜ他のゲームはダメなのか」という問いかけがこれからなされるべきだと思う。

津田大介
ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。「ポリタス」編集長。1973年東京都生まれ。メディア、ジャーナリズム、IT・ネットサービス、コンテンツビジネス、著作権問題などを専門分野に執筆活動を行う。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)、『動員の革命』(中公新書ラクレ)、『情報の呼吸法』(朝日出版社)、『Twitter社会論』(洋泉社新書)、『未来型サバイバル音楽論』(中公新書ラクレ)ほか。2011年9月より週刊有料メールマガジン「メディアの現場」を配信中。

(編集協力 島田恵寿=コンテクスト、写真 吉村永)

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
サントリー天然水 成長の原点は「首掛けPOP事件」
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
ダイソー本格100円コスメ 僅か2カ月で400万個突破
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL