津田大介 eスポーツ、飛躍の鍵は「成功の逆輸入」プロチーム「DeToNator」代表に聞くeスポーツの未来

世界的に大きな流行となっているeスポーツ。日本で成功するには何が必要なのか
世界的に大きな流行となっているeスポーツ。日本で成功するには何が必要なのか

PCゲームのプロゲーマーたちが対戦してスキルを競うeスポーツ。世界では賞金総額22億円という大会も開かれている。前回(「津田大介、eスポーツに興味津々 世界で花開く3要素」)はそのeスポーツが海外でブレークした理由を探った。では、日本の現状はどうなのか。今回は日本有数のプロゲーミングチーム「DeToNator(デトネーター)」代表の江尻勝さんの話を聞きながら、日本のeスポーツの現実を見ていく。自身もプレーヤーとして活躍し、現在は、世界を舞台に戦うチームを率いる江尻さんの話から浮かび上がってきたのは、プレーヤーと見る側、それぞれが持つ問題だった。

チームの主戦場は海外

DeToNatorの設立は2009年。人気ゲームタイトル『アライアンス・オブ・ヴァリアント・アームズ(Alliance of Valiant Arms:AVA)』(架空のヨーロッパ大陸を舞台に戦闘するシューティングゲーム)をプレーするチームとしてスタートした。

台湾で開催された『Overwatch』プロリーグに参加したDeToNator(2017年)

「私が『AVA』で日本一になった11年のイベントでも、会場の後楽園ホールに2000人を超える人が集まりました。当時からある程度の動員力はあったのです。しかし、スポンサーとして多種多様な企業に興味を持っていただくようになったのは14年ごろから。『eスポーツ』という言葉が広まったおかげです」

『アライアンス・オブ・ヴァリアント・アームズ(Alliance of Valiant Arms:AVA)』。江尻さんはこのゲームで日本一になった

現在、DeToNatorには二十数名の選手が所属。『オーバーウォッチ(Overwatch)』(プレーヤーが特殊能力を持つヒーローとなり、チームで対戦するアクションシューティングゲーム)部門、『カウンターストライク:グローバルオフェンシブ(Counter-Strike: Global Offensive:CS:GO)』(プレーヤーが、対テロ特殊部隊とテロリスト、それぞれのチームに分かれて対戦するシューティングゲーム)部門など、プレーするゲームタイトルごとに分かれて活動している。協賛するスポンサーも7社に上る(17年10月11日現在)。

DeToNatorがチームを持つ『オーバーウォッチ(Overwatch)』

チームの主戦場は海外だ。16年に台湾のプロリーグ「AVA Elite League」で2位にランクインし、17年にはeスポーツ先進国である韓国の「Overwatch APEX Challengers」で8位に入った。17年8月には賞金総額35万ドルというドイツの大会「ESL PUBG INVITATIONAL」にも招待出場で参加した(『プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ[PUBG]』は最大100人のプレーヤーが島内にある装備などを駆使して最後の1人になるまで戦い抜くサバイバルゲーム)。

拠点も海外に広げつつある。「2016年には台湾に、選手が泊まってゲーミング活動をする拠点『DeToNatorハウス』を設置しました。どうせ海外で試合をするのなら、異国の地のストレスの下で練習したほうが効果が見込めるからです。さらに2017年には韓国で『DeToNator Korea』、ヨーロッパで『DeToNator Europe』という、現地の選手をサポートする活動も始めました」

ドイツで開催された賞金総額35万ドルの大会「ESL PUBG INVITATIONAL」でゲームに挑むDeToNator(2017年)

海外の成功を逆輸入したい

日本でも「日本eスポーツリーグ」というプロリーグが16年からスタートし、さまざまな大会も開かれている。DeToNatorが海外に力を入れるのはなぜなのだろう。

MONO TRENDY連載記事一覧