マネー研究所

ポイント賢者への道

カフェ大手の独自プリカ 入金と支払いで6%還元 ポイント賢者への道(33)

NIKKEIプラス1

2017/10/20

PIXTA

 息抜きにカフェに行くという人は多いでしょう。大手カフェ・チェーンではポイントの付くプリペイドカードを発行する例が増えており、お得な特典が用意されています。カフェ独自のプリカについて2週にわたって具体例を紹介します。

 全国のドトールコーヒーショップ、エクセルシオールカフェなどで使えるのが「ドトールバリューカード」です。ポイント還元率が6%以上ととてもお得なプリカです。まず1回当たり2000円以上をチャージ(入金)するたび、入金額の5%相当のポイントがたまります。さらに、店頭で商品を注文してプリカで支払うと、100円につき1ポイント(1円に相当)が付きます。入金分を全額、使い切ったとすると合計の還元率は6%になる計算です。

 頻繁な利用者にはさらに手厚い還元があります。チャージ時のポイント率は、年間の商品購入額に応じて高まる仕組みだからです(個人登録が必要)。2万円以上なら7%、5万円以上なら10%にもなります。

 ドトールでは共通ポイントカード「Tカード」を提示してポイントを得ることも可能です。その際の還元率は1%です。電子マネーを併用するなどして還元率をもっと高めることもできますが、それでもドトールバリューカードを使った方がはるかにお得です。ちなみにこれら2種類のカードの同時利用は不可です。

 他の大手チェーンでは、上島珈琲店や珈琲館で利用できる「プレシャスカード」も、入金時と支払い時の両方でポイントを獲得することができます。

 プリカにチャージする際には一度に大きな金額ではなく、少額ずつするよう心がけましょう。もしも転居や転勤があれば、家や職場の近くにカフェがないという環境になるかもしれません。確実に使い切れる範囲内で入金しましょう。

菊地崇仁
 北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、NTTに入社。社内システムやLモードの料金システムの開発などに携わり、2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。06年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。一般からプラチナまで、57枚のクレジットカードを所有。

[NIKKEIプラス1 2017年10月14日付]

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL