マネー研究所

身近なマネー研究

いくら稼げば安心老後 700万円世帯の定年プラン 人生まるごとシミュレーション(7)

2017/10/20

PIXTA

 長い人生、気になるお金。できることなら、将来のマネープランを見通せないものか――。マネー研究所は、金融機関向けのソフトウエア開発などを手掛けるAFGの協力の下、実在する企業の給与や退職金、年代別の生活費、家賃、年金などの各種データを用いて試算。誰もが気になる「人生にまつわるお金」を、リアルなデータに基づいて明らかにする。7回目のテーマは定年退職。年収700万円の世帯が定年でリタイアした後、再就職せずに家計は回るのか。生涯収支をシミュレーションした。

◇  ◇  ◇

 大手家具メーカーで係長を務める貴之(40歳)。都内に念願のマンションを手に入れ、妻・知美(38歳)と高校生の息子(15歳)、小学生の娘(11歳)とともに暮らしています。入社時にお世話になった先輩社員が退職したのを機に、自らのリタイア後について考え込むようになりました。

イラスト:PIXTA(以下同)

貴之 俺ももう40歳かあ……。月日が流れるのは早いもんだな。

知美 どうしちゃったのよ。まだ老け込む年じゃないでしょ、シャキッとしなさいよ!

貴之 いや先日、会社で高倉さんの送別会があったんだよ。そうそう、入社してからずっとお世話になってた、あの面倒見のいい人。定年退職されるっていうんで、「じゃあこれからは悠々自適の毎日ですね」って話しかけたら、「君、今はそんな時代じゃないよ。住宅ローンも残ってるし、しばらくは雇用延長で働くよ」って言われたんだよね。それを聞いたら何だか不安になってきて。

知美 確かに、うちもマンション買っちゃったから貯金はほとんどないもんね。まあ、貴之の定年まであと20年もあるし、何とかなるんじゃない?

貴之 そうかなあ……。「老後貧乏」の四文字がちらついて、何だか落ち着かないんだよ。

知美 じゃあ、大丈夫かどうか聞いてみようよ。私の友達の佳奈ちゃん、そういうのに詳しいんだ。え~っと、スマホの番号は、っと……。

 『あ、佳奈ちゃん? ちょっとウチまで遊びに来ない? 相談したいことあるのよ。えっ、30分後には来られるって? ありがと! 細かいことはメールしとくね。じゃあまた後で!(ピッ)』

 ……というわけで30分後に佳奈ちゃんが来ます。失礼のないようによろしく。

貴之 (展開が早すぎてついていけない……)

◇  ◇  ◇

佳奈 初めまして、貴之さん。知美さんの友人の佳奈です。知美さん、久しぶりね。

知美 ありがと佳奈ちゃん! うちのダンナがどうしても佳奈ちゃんに会いたいって聞かなくって~。

佳奈 ……さっきのメールには、定年退職後のライフプラン関係の話だって書いてあった気がしたんだけど?

知美 あはは、冗談、冗談♪ ウチの老後って大丈夫なのか、ちょっと教えてほしくって。

佳奈 ……分かったわ。メールによれば、貴之さんの年収が600万円、知美さんがパートで年収100万円。つまり世帯年収は700万円ね。35歳でマンションを購入して、その際に住宅ローンを4000万円借り入れ(金利0.57%)、生活費やローン返済金額などのデータはメールでいただいた通り、と。現在の貯蓄は300万円ほどね。

貴之 はい、マンションの頭金に貯蓄を回したので、そんな感じです。よろしくお願いします。

佳奈 では、ちょっとお待ちください。タカタカタカタタッ、ターン!……っと、完了。

貴之 はやっ!

佳奈 結論から言うと、貴之さんが60歳の定年でリタイアするのは厳しいかと思われます。

貴之 えっ! 本当に?

佳奈 はい。けど、乗り切る術(すべ)はあるし、悲観することはないと思いますよ。詳しく見ていきましょう。

■60歳でリタイア、74歳で破綻

佳奈 まず現在の収入だけど、世帯年収が700万円だったわね。税引き後の手取りは605万円ほどで、月に直すと50万4514円(年間12万円の子ども手当を含む)。一方、現在の基本生活費(食費や日用品の購入など)は月額24万円。住居費が14万1750円(うち住宅ローンが月11万1750円、マンション管理費が月3万円)。さらにお子さん2人の教育費が月12万円ほどで、トータルで50万848円。これだけだとトントンだけど、家電やスーツの買い替え、旅行などのイベント支出で年35万円を消費しているので、月々2万6000円ほどの赤字が出ている状態ね。

図1 貴之さん(40歳)・知美さん(38歳)の世帯年収と年間支出

貴之 えっ、赤字だったの? 世帯年収で700万円もあれば余裕あるだろうと思ってた。

知美 何言ってるのよ! これでも一生懸命やりくりしてるんだから!

佳奈 総務省の「家計調査」(2016年)によれば、40~44歳で住宅ローンありの世帯(世帯人数3.92人)の平均年収は725万5152円で、そう大きく変わらない水準ね。他方、月の支出は42万4898円と、お二人の家計と比べて7万6000円ほど少なくなっているの。

貴之 つまり、うちは収入こそ平均並みだけど、支出は多いってことか。そりゃ赤字にもなるな。

佳奈 お二人の場合、都心に住んでいることもあって、やはり住居費が高めかな。平均世帯の住宅ローン支払額は月8万9579円。お二人は平均よりも2万2000円ほど多く支払っていることになるわね。あとは教育費。平均(3万3857円)よりも8万5000円ほど高めよ。

貴之 うーん、都心のマンションの相場を考えると、住宅ローンが高めになるのはしょうがないかな……。

知美 教育費だってそうよ。上の子が高校に入ってから塾に通わせるようにしたじゃない? それで月に5万円プラスよ。下の子も高校生になったら、同じだけかかると思ってちょうだい。

佳奈 教育費に関しては、子供の年齢によって大きく変わるので、平均と比較してもあまり意味がないかもしれないわ。高校生から大学生のお子さんがいると、一気に上がるから……。お子さんを大学まで通わせるかどうかでも、教育費は大きく変わってくるし。実際、45~49歳で、同じ住宅ローンありの世帯のデータを見ると、教育費が6万895円と倍増しているわ。

貴之 なるほど。うちは二人とも大学まで通わせたいから、この支出もやむなしというところか。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL