powered by 大人のレストランガイド

「おいなりさん」はすしではないのか? 江戸前の流儀秋の運動会の食べ物(5)

PIXTA
PIXTA

「運動会は給食であった」という、個人的には予想もしない論点が登場した。小中学校時代を過ごした場所、時期によってこんなにも「子どものころの思い出」が違ってくるのかと改めて驚いている。いまの子は足袋なんか履いて走らないしなあ。

ご意見 昭和40年から46年まで神奈川県某市立小学校に通っておりました。1年生か2年生のころは「お弁当」で、途中から「給食」になったような記憶があります。この記憶が確かならば昭和40年代に教育方針の(悪い方への)大変革が行なわれた可能性があります。
もうひとつ「いなり」問題についてです。小生の実家は江戸前のすし店でしたが「おいなりさん」はメニューにございませんでした。従って、小生の中では「おいなりさん」はすしではありません。なぜなら、うちの店にないから。
あの「なれずし」も「すし」がついていることから広義のすしと狭義のすしという分類にすることで、事態の収拾を図れば良いのではないでしょうか。
つまり、すしの仲間として広い意味ではおいなりさんはすし。でも、いわゆる江戸前の中には含めない。どうでしょうか?(かわら屋とたん@神奈川さん)

江戸末期に書かれた「守貞漫稿」に天保のころの江戸で「いなりずし」「篠田ずし」として売られていたとある。「おいなりさん」ではなかった。「すし」であった。戦前昭和の文学作品にも「いなりずし」が登場する。

私の中ではいなりはすしオブすしであるが、あれは甘味屋で売るものですしではないという向きがあっても怒らない。我慢しちゃる。

デスク 僕にはアウトオブすしだが、でも怒らない。我慢しちゃる。

アトランダムに行こう。

運動会と言えば青くてすっぱいみかん=PIXTA
ご意見 愛媛生まれの私はやっぱり運動会に青くてすっぱいみかんでした。お弁当はおばあちゃんの作った巻きずし、いなり、ゆでたまごでした。おばあちゃんの巻きずしにはゴボウが入っていて、私はそれが嫌いでした。箸でゴボウだけをつんつんとつついて除けていました。
いつも聴いているラジオでも今日は運動会の話題でした。10 枚もの宅配ピザを頼んだ人がいて、子供たちに「ピザいる人!!」と声を掛けたら、われもわれもと奪い合いになり大騒ぎだったそうです。時代は変わりましたね(泉州住まい30年さん)

デスクううむ 我が剣道部が柔道部と結託、学校のそばの六本木にあった食べ放題ピザのお店を、食い倒して閉店に追い込んでしまった経験から言うと、ピザは運動後に食べるものです。食べ過ぎると胸焼けします。

そうそう、私もどこかで「運動会の宅配ピザ」の話を耳にして「時代はそこまで来たか」と深い感慨を抱いたことがあった。共働きで弁当を作る人がいないという事情もあるのだろう。そんなときこそお父さんが奮起しなくちゃ。

ピザを運動会に宅配?=PIXTA
ご意見 小学校を3つ経験しました。大阪の茨木市N条小と世田谷のM原小は当時弁当でした。小金井市のM原小(世田谷とかぶってしまった)は給食でしたが……。
思い出といえば、世田谷で3年の時、母が祖母の看病のため実家に戻っていて、父が代わりに作ってくれたおにぎりでしょうか? いま思えば大人用のソフトボール大で(つまり3年生にとっては顔の半分くらい)とにかく何か入っていればいいんだろうと昆布だとか梅干とかが詰め込まれ、あぶっていない海苔1枚でくるんでありました。
友人たちはサイズに驚いていましたが、ポマードの匂いがぷんぷんして、子供心に「これを食べたらおなかを壊すんじゃないか」と思いつつ、空腹に負けて食べてしまいました。今となってはいい思い出ですが(ペン・ペンさん)

やっぱりお母さんでないとだめか。お母さーん。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド