佐藤健 本広克行監督が見た、俳優としての「強さ」

日経エンタテインメント!

現在28歳の佐藤健は、『るろうに剣心』で開花した圧倒的身体能力を生かしたアクションだけでなく、重厚な人間ドラマから恋愛もの、日常を切り取った等身大の若者まで、幅広い役柄にフィット。大作での主演が指定席となっている。彼が求められる理由はどこにあるのか。最新作『亜人』の本広克行監督は、役へのストイックな取り組みや、何でもやろうという前向きな姿勢を高く評価する。

思えば、『仮面ライダー』シリーズが「若手俳優の登竜門」として広く認識されようになったのは、2007年放送の『仮面ライダー電王』に主演した佐藤のその後の活躍があったからに他ならない。

画面での存在感、誰もが納得する演技、目に見える数字といった結果を残し続けてきたからこそ手にしたトップ俳優の地位。東宝の川村元気プロデューサーらヒットメーカーからの信頼も厚い佐藤は、映画『亜人』の後も、瀬々敬久監督(『64 ロクヨン』他)による感動実話ものの『8年越しの花嫁』、佐藤信介監督(『アイアムアヒーロー』他)によるアクション大作『いぬやしき』など3本の映画が待機。さらに18年4月のNHK朝ドラ『半分、青い』出演と引っ張りだこだ。

TBS石丸彰彦氏や東宝・川村元気氏といったテレビ・映画のヒットメーカーとのタッグが多い。アクションだけでなく、感情のゆれを見せる芝居でも高く評価されている
『亜人』の本広克行監督

役者・佐藤健を「会ったことのないタイプ」と語るのは、映画『亜人』の本広克行監督だ。まず、特技のアクションについては、「ワイヤーは最初から完璧。ダンスをやっていたからか、運動神経だけでなく、平衡感覚がすごくいいんです。自らアクションをやる俳優さんといえば、V6の岡田(准一)さん、小栗旬さんですが、彼もすば抜けてすごい1人」

撮影時のたたずまいも独特だという。「男性俳優さんは、よく話をする女性的なタイプが多いんですが、彼は引いていて、全体を俯瞰(ふかん)しているんです。性格的にはすごく真面目。台本も読み込んできますが、現場では一切そういう姿は見せず、さらっとやる。とにかく作品を良くするためにめちゃめちゃ考えている印象です」

エンタメ!連載記事一覧
次のページ
自分の仕事を冷静に判断
エンタメ!連載記事一覧