ヘルスUP

日経Gooday 30+

何となく憂うつ そんなときのストレスチェック活用術 こちら「メンタル産業医」相談室(14)

日経Gooday

2017/10/2

自分では自覚していないストレスを見つけ、その原因を知る。それがストレスを減らすコツだという(c)Shojiro Ishihara-123rf
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

 こんにちは、精神科医で産業医の奥田弘美です。残暑が和らぎやっと人心地つける日が増えてきましたが、この季節は夏の疲れが出やすい時期でもあります。あなたの心と体はお元気でしょうか? さて今回も前回「知って納得 『ストレスチェック』と『健診』の違い」に引き続き「ストレスチェックの活用」をテーマにお伝えしたいと思います。

 前回は従来の「体の健康診断」とストレスチェックの違いを解説するとともに、高ストレス者の面接指導について説明しました。今回は、高ストレス状態でなかった方にも、ストレスチェックを有効活用していただくコツを執筆したいと思います。

■なぜ気持ちが晴れないときにストレスチェックがいいか

 さて労働安全衛生法では、現在のところ従業員50人以上の全事業場に対してストレスチェック実施が義務化されており、49人以下の事業場に対しては努力義務となっています。もしご自身の職場が49人以下でストレスチェックを受けていないという場合でも、厚生労働省のHP「こころの耳」というサイトでは誰でも気軽にストレスチェックを受けることができます(「5分でできる職場のストレスセルフチェック」http://kokoro.mhlw.go.jp/check/)。

 ここでは、厚労省が推奨している基本的な57項目質問票(職業性ストレス簡易診断システム)に基づいてストレスチェックを受けることができ、分析結果も提示されます。ぜひ一度受けてみてください。

 この厚労省推奨のストレスチェックは、【表1】に挙げたような項目について「そうだ」「まあそうだ」「ややちがう」「ちがう」といった4つの選択肢から当てはまるものを選ぶもので、最終的には「ストレスの原因因子」「ストレスによる心身反応」「ストレス反応への影響因子」といったカテゴリー別に、個人のストレス状態がレーダーチャートの形で提示されます。そして総合的に高ストレス状態かどうかが判定されます。

「5分でできる職場のストレスセルフチェック」より

 「あれ? 自分が受けたストレスチェックは57項目以外にもっと多くの項目があったけど……」と思った方がいるかもしれません。

 この厚労省推奨の57項目の質問票でなくても、「仕事のストレス要因」「心身のストレス反応」「周囲のサポート」の3領域に関する項目が含まれていれば独自のストレスチェック調査票を用いることも可能だとされています。そのため場合によっては100項目以上に及ぶ質問票を使っている企業もあるようです(ただし独自で作成する場合も、調査票に、性格検査や適性検査、うつ病検査、希死念慮[注1]などの検査を含むことは不適切とされています)。

 ちなみにストレスチェックの項目は多いほどよいわけではありません。筆者自身は20社の中小企業でストレスチェックに関わっていますが、ストレスチェックはあくまでも「心の健康診断」なので、受検する側の時間や労力が最低限で実施できる厚労省推奨の57項目で必要十分だと感じています。

 まずはストレスチェックを気軽に受検し、自分の心の健康状態に興味を持つことが大切です。法的には1年に1回だけの受検ですが、ストレスチェックの結果は、環境や仕事の変化で数カ月後には大きく変化することも少なくありません。ぜひ上記のサイト(「5分でできる職場のストレスセルフチェック」)を活用して、「なんだか最近、気持ちが晴れないな」「心のエネルギーが落ちているな」と感じたら、気軽にチェックしてみましょう。自分のストレスに対しての「気づき」を得ることが、このストレスチェック制度の一番の目的なのです。

■レーダーチャートを見れば、自分の意外な弱みが見えてくる

 ではここからは、具体的なストレスチェックの活用法をご説明しましょう。

[注1] 「死んでしまいたい。消えてしまおうか」といった思いに満たされてしまっている、あるいは常に頭のどこかにそうした考えがある状態のこと。

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL