powered by 大人のレストランガイド

ピーナツ、ゆでて食べるのは何県? 長崎では煮物にも枝豆そら豆お豆さん(5)

今回でお豆は終わる。そしてVOTEに突入する。テーマは「あなたのところに豆ご飯はある?」である。

祝いの席の赤飯や不祝儀のときの黒豆ご飯ではなく、ピースご飯のように日常の食卓に豆ご飯が登場するかどうか。これまでの議論からみると豆ご飯は概ね西の文化のようにも思えるが、結果は最後に紹介する。

スナップかスナックか。

スナップえんどう さやえんどうの食感とグリンピースの甘みが味わえる=PIXTA
ご意見 もともとスナップえんどうだったものが、スナックえんどうと転化したようです。農林水産省では「スナップえんどう」を正式な呼び名としているようです(鮭さん)

同様なメールがKTさんからも。正式名称は「スナップ」と判明。

落花生。

ご意見 南京豆と言えばデスクのお膝元、千葉が一大産地。あるとき豆菓子屋さんに聞いたところ「千葉産」は南京豆界のブランドなんだそうですよ。
で、私はたまたま千葉にショッチューシュッチョーするのですが「千葉県人の主食は南京豆ではないか」と疑っています。この前は「落花生ショーチュー」まで飲まされたし…。
もやしの話題も出ましたので「ピーナツもやし」もぜひお試しください。およそもやしとは思えないぶっとさですがおいしいです(いけずな京女44歳さん)
生ピーナッツを発芽させたピーナツもやし 極太=PIXTA
ご意見 千葉県人としては豆といえば落花生ですが、ゆで落花生は静岡だそうですね。というか、もっとローカルに富士市周辺のみ?
富士市の知り合いの家に遊びに行き近くの居酒屋で飲んだら、突き出しにゆで落花生が出て、初めての食い物でビビりました。でもやたらおいしくて、富士市在住の知人に質問すると「富士市の飲み屋ならどこにでもあるし、欲しかったらスーパーの惣菜売り場に売っている」といわれました…家に帰り近くの落花生屋さん(当時都内在住)でゆで落花生について質問したら「いやあ、ゆで落花生なんか聞いたことないねえ。うちの落花生は全部炒ってあるから、ゆでるのは無理じゃないか」とつれない答えが返ってきました…ちなみにゆで落花生は殻ごと食べるんでしたよね(ちどりのおっとさん)
ご意見 ゆで落花生の季節になりました、富士宮・芝川・富士を中心にどこの家庭でもビールのつまみ・運動会のお供・居酒屋のお通しにゆで落花生は必需品です…私が小学生のころ秋の運動会で朝早くから親が場所取りに来ますが、ゆで落花生をつまみに早々と宴会をしてました、もちろん昼食やおやつも落花生でした。
落花生を塩水でゆでると塩分を含んだブヨブヨ豆になるので初めて見た人は「腐ってる」と言いますが、食べたら目の色が変わります…特に小粒のB級品が豆の味が濃くて…えっ? B級? 富士宮? やきそば話題になりそうなのでここまで(富士宮やきそば学会IT推進担当、宮さん)
塩ゆで落花生 ソフトな食感は枝豆のよう
ご意見 関西から関東に単身赴任してカルチャーショックだった豆が2つあります。ひとつは塩ゆでピーナツ。ピーナツといえばカリッっとした食感のものしか知らなかったですが、千葉では枝豆のように塩ゆでして酒のつまみにするんですね。驚きました。
もうひとつが味噌ピー。正しい名前なのかはわかりませんが、味噌にピーナッツがはいっているもので、ご飯にのせて食べるいわゆる「ごはんの友」です。ホテルの朝食に普通に置いてあるのが不思議です(淡海さん)

デスク、千葉でもゆで落花生食べるの?

デスク堂々 もちろん。当然です! 長崎県の大村では、ゆでて食べるだけじゃなくて、煮物にまで落花生が入っていました。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド