洋服の自動折りたたみ機 遅いし高いけど奈津子は応援奈津子の家電選び後輩目線

テクノロジーの進化によって、人間は実にたくさんの自由を手に入れてきました。100年前には冷蔵庫も洗濯機も炊飯器もなかったのですから、家事にかける労力が、その間に一気に減ったというわけです。そして、ついに全自動で衣類の折りたたみをしてくれるロボット「laundroid(ランドロイド)」が登場します。いったいどんな家電なのかを見てきました。

単に衣類を折りたたむだけじゃない

人は生涯のうち、なんと約9000時間(!)もかけて洗濯物をたたみ、仕分け、運んでいるのだそうです。私は独身ですが、たった1人分だけでも洗濯物をたたんでキッチリとしまう行為が苦手です。これで、もしいつか家族が増えたら……。ああイヤだ、考えたくない。でも結婚はしたい。

しかし、こんな悩みももう過去のものになるのかもしれません。噂のランドロイドの全ぼうをご紹介します!

こだわり抜かれたビジュアルの完成系はこちら。

ローズウッドやウォールナットなどの温かみのある高級木材に、輝くパネルがカッコイイですね。高さ約2.2m、幅約87cm、奥行き約63cmとかなり巨大ではあるものの、洗練されていてインテリアにもなじみそうです。今の私の部屋では置けるスペースはないですが、これを置ける家に住めるような人間になりたいと思いました。

上部には操作するためのダイヤルが付いています。一番下にあるのが衣類投入部で、中央には衣類を仕分けて収納する棚があります。たたみ終わった衣類も約30着まで収納できるので、洋服タンスとしての役割も果たします。

ランドロイドでできる機能は主にこちらの3点です。

・全自動折りたたみ機能
・オンラインクローゼット機能
・衣類コンシェルジュサービス(検討中)

「全自動折りたたみ機能」は、ランドロイド本体下部にある引き出しに衣類を入れると、内部で機械が自動的にたたみ、本体中部にある棚に分類して収納する、というものです。ちなみに洗濯はしてくれません。

まず本体下部にある引き出しに衣類を投入します。

中央のダイヤルの矢印を3時から7時の向きに移行させると、内部に搭載されたロボットアームが折りたたみを開始します。

折りたたみ方法の細かいメカニズムは企業秘密だそうですが、ロボットアームが内部で「つかみ」、「広げ」、衣類の「判別」を繰り返しながら折りたたみます。ここには「画像解析」と「AI(人工知能)」、「ロボティクス」の技術が使われています。半袖や長袖、Tシャツやボトムス、パジャマやフェースタオルなどといったおおよその形状の衣類に対応しています。

アイテム別・家族別に仕分けてくれる

折りたたみが終わると、本体中部にある棚に衣類が収められます。6つに分かれた棚はそれぞれにトップスやタオル、パジャマといったように「衣類別」に仕分けできるので、取り出すときにも楽ちんです。

MONO TRENDY連載記事一覧