MONO TRENDY

AVフラッシュ

有機ELテレビ比較 同じパネルでも際立つ4社の個性 大画面テレビの本命 有機ELテレビ最前線 後編

2017/10/4

小原 スピーカーをパネルの後ろ側にくっつけて設置し、パネル自体を振動させてスピーカーとして使っているんです。これは有機ELのシンプルな構造だからできたこと。ステレオ音声のL/Rチャンネルもきちんと振り分けられています。

画面自体を振動させる「アコースティック サーフェス」のイメージ図。これにより、映像と音の一体感がより高まった

小沼 最近のテレビは薄さを追求した結果、スピーカーを下向けにつけることが多く、音が悪くなるという話を聞いたことがあります。

小原 ソニーはそれを解消しようとしたわけですね。一般的な液晶テレビのスピーカーよりはずっと自然です。外付けの高級スピーカーとくらべると質は落ちますが、スピーカーを本体横などに設置するより、デザインのインパクトをとったということでしょう。

小沼 映像はどうでしょう? ソニーも「モアナ」の映像で見ましたが、色味がパナソニックとくらべ鮮やかで、昼の海の透明感にも引きつけられました。

小原 明るいシーンのメリハリが利いていますよね。輝かしさやまぶしさはソニーの独壇場だと思います。

■細やかな色彩表現にたけた東芝

東芝のレグザX910シリーズ。デザインは従来のテレビという感じだが、フレーム幅が細いため、省スペースで画面のサイズを大きくできる

小原 東芝は4社の中で、色の濃密さが一番です。ソニーやパナソニックにくらべると、色数が増えたように感じるほど細かな色彩表現ができます。

小沼 東芝は熱帯雨林の映像やアマゾンにひそむカラフルな鳥の映像が流れていました。

小原 夜の遊園地のような、いろいろな色彩がある映像がいいですよね。同じ赤でも光沢のある赤、ちょっと影になっている赤など、濃淡を細かく表現できますから。

「広色域復元プロ」という機能により、映像受信時に失われる細かな色を復元。左が従来のものだとすると、X910シリーズでは右側のように鮮やかな色彩を表現できる

小沼 そのお話を聞くと、東芝が一番すぐれているということでしょうか。

小原 そんなことはないですよ。黒の鮮やかさはパナソニックが勝りますし。ただ東芝は画質エンジンのパラメーターをすごく細かく設定している。それで繊細な色の表現ができるんです。「アラビアのロレンス」みたいな映画を見るときにいいですよね。中東の民族衣装や、自然の色味が堪能できるので。

■「壁貼り」コンセプトと音響が強みのLG

LGエレクトロニクス・ジャパンのW7Pシリーズ。壁に貼って使うデザインが画期的で、Dolby Atmosを採用した音響効果も優れている

小沼 最後はLGのハイエンドモデルW7P。僕はやはり「壁掛け」ならぬ「壁貼り」のスタイルが衝撃的でした。

小原 パネルの製造元ではありますが、正直、映像の質としては3社にやや劣ると思います。ただ僕ら評論家のように重箱の隅をつつくような見方をしない、一般の人たちが見るには十分なクオリティーです。それに壁貼りの先進性は、映像のマイナスを補ってあまりあるもの。最近はデッドスペースを有効に活用したいという人が多く、壁掛けテレビの需要が大きく伸びていますから。

小沼 ソニー同様、リビングの作り方まで変えそうですね。

小原 あとLGのW7Pシリーズは音響が素晴らしいんです。

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL