「お尻HIIT」で股関節強化、運動パフォーマンスUP話題の筋トレ「HIIT」 部位別編(3)

日経ヘルス

【2】クロス脚上げ ~「寄せる」動きで小尻にシェイプ~

脚を振り上げる向きを変えることで、鍛えられる筋肉が変わる。上述の「後ろ脚上げ」では中殿筋もカバー。「クロス脚上げ」は、お尻だけでなく内ももの内転筋にも効果的だ。

(イラスト 平井さくら)

【3】スティフレッグリフト ~おじぎしながら脂肪を取り去る~

ストレッチ効果も高い筋トレ。股関節からパタンと折るようにおじぎをするイメージで行い、固まりやすいお尻まわりをよく伸ばしていく。背中が丸くなると効きにくい。

(イラスト 平井さくら)

【4】ワイドスクワット ~丸みのあるシルエット作り~

最後はたるみやすい太ももの内側、外側をケアしつつ、大殿筋全体を使っていく。腰を下ろす際はお尻を真下に下ろす意識をキープ。また、ひざが内側に倒れないように注意しよう。

(イラスト 平井さくら)

(この項おわり)

【HIIT関連のおすすめ記事】

1日4分 話題の筋トレ「HIIT」で体脂肪が落ちる

20秒! 時短筋トレ「HIIT」で「二の腕」引き締め

20秒×4動作 時短筋トレHIITで「おなか」へこます

岡田隆さん
日本体育大学准教授。『ホンマでっか!?TV』に骨格筋評論家、バズーカ岡田として出演。理学療法士、アスレティックトレーナー、JOC強化スタッフ。自身もボディビルダーとして活動し、理論と実践に基づいたトレーニング法を伝える。著書『HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング』(サンマーク出版)の第2弾『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』も発売予定。

(ライター 長島恭子[Lush!])

[日経ヘルス2017年6月号の記事を再構成]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント