powered by 大人のレストランガイド

祝い事に赤飯、不祝儀には黒豆ご飯? 習俗に根ざす豆枝豆そら豆お豆さん(3)

グリーンピースご飯の存在感が西日本と東日本とで大きく違っていたり、そら豆の皮を食べるか食べないか、これまた人によって差があったりと、豆にもいろいろと「食の方言」があるようだ。

意外に気づかない豆の種類。

豆もやし
ご意見 「豆」といえば、もやし。「もやし」といえば、大豆もやし! と疑わなかった私は緑豆やブラックマッペなどという、食べたことがあるのかも分からないような豆から作られていると聞いて、非常な驚愕を受けました。それ以来、中華丼を食べては「これは何?」。ナムルを食べては「これは何?」の連続。
ある日、もやしの先に黒い異物(豆の皮)がついているのを見て、そのもやしが「ブラックマッペもやし」であることが判明!! うれしくてカミサンに説明したら、「フーン」のひと言で終わり。がっかり。
ちなみに、もやしは英語でビーンスプラウト。
ちなみにタイではもやしを生のまま焼きそば(パッタイといいます)にのせて食べます。
豆の種類は、わかりません(カズボボ@栃木在住さん)

緑豆もやしと称して売っているものは見たことがあるが、ブラックなんとかは知らなかった。ブロッコリーの芽やそばの芽など各種スプラウトがスーパーに並んでいるのを見ると、なるほどもやしは元祖スプラウトであることよと思う。寿司ねたの「芽ねぎ」も葱のスプラウトですかいのう。

赤飯は祝儀に黒豆ご飯は不祝儀に登場する。

黒豆おこわ=PIXTA
ご意見 めでたいときに食べるのは小豆の赤飯ですが不幸ごとでは黒豆のご飯です。昔、祖父の葬式で出たのは覚えてるのですが、最近はお目にかかることがありません。廃れたのかなぁ。単に私が見落としてるのかもしれません。地方でも異なるのでしょうか? ちなみに私は愛媛の松山に住んでます(烏谷さん)

いや、このような習俗に関する食の文化はしぶといものなので、他地域にも残っていると思われる。

その黒豆であるが……。

芭蕉庵の黒豆きなこづくり(大阪の原さん提供)
ご意見 黒豆のきなこを「作らせる」お店と言えば大阪、空中庭園地下の「芭蕉庵」さんです。写真の通り黒豆をゴリゴリ……隣の席では外国人観光客が子供たちと楽しそうにやってます。
写真は左上からお臼様です。テーブルの中央に鎮座して御座います。はは~。
そして、まな板の上の鯉ならず、臼の上の黒豆です。粉みじんにしてやる~!
左下はきな粉がでてきたところ。照明が暗く、赤っぽく写っていますが実物はもっと黄色です。
最後に茶こしでふるいにかけます(茶こしに残った粗い奴は……私はもう一度臼でひきました、貧乏性です)。
まったりと、余裕を持って、食する時間。贅沢だなあ(大阪の原さん、写真も)
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド