powered by 大人のレストランガイド

軽やかで多彩 進化が続くオーストラリアワインの魅力

オーストラリアワインというと、どんなイメージをお持ちだろうか。おそらく、一番なじみ深いのはスーパーマーケットでも売っているカンガルーのラベルが印象的な「イエローテイル」だろう。ワインにある程度詳しい人なら、ペンフォールズの「グランジ」などを思い浮かべるかもしれない。どちらにしても、果実味が濃いフルボディーのワインという印象だと思う。欧州のような繊細な味のワインとは縁遠い、筆者もそう思っていた一人だ。

そんな印象をがらりと変えてくれたのが、2017年9月に開催されたワインオーストラリア・オーストラリア大使館共催のイベントだ。マスタークラスセミナーには定員の2.5倍以上の応募が殺到し、当日キャンセル待ちにも列ができる人気ぶり。世界最高峰のワイン資格「マスター・オブ・ワイン(MW)」をもつ大橋健一さんと、シドニーを拠点に活躍するオーストラリア人のワインライター、マイク・ベニーさんがオーストラリアワインの「今」を指南した。

左からオーストラリア大使館商務部 参事官 ジュリアン・メリマンさん、大橋MW、マイク・ベニーさん、ワインオーストラリア・アジア太平洋地域代表の手島孝大さん

セミナーの冒頭、マイクさんから告白があった。約10年間も自国のワインを飲まない時期があったという。「同じような味の凡庸なワインを飲むよりは、ヨーロッパのワインを飲むほうが勉強になると思っていた」。だが今のオーストラリアワインは「世界一『多様性』にあふれ、最高におもしろい」と目を輝かせる。

多様性の担い手は、若い小規模な造り手たち。それぞれのポリシーで個性豊かなワインを造っている。たとえば、セミナーで試飲したリースリング種主体の「ラガベラス サリオ 2014」は、みごとなオレンジ色だった。マイクさんは「ボンダイビーチの夕暮れを思わせる」とロマンチックに表現した。

白ワインは通常、ブドウを絞り、果汁だけを発酵して造るが、このワインは赤ワインを造るときのように発酵中に果汁と果皮を接触させることによって色素を引き出している。実はこういった造り方はワインの発祥地と言われているジョージアで、8000年も前から伝統的に行われている。ワインの原点に返った造り方なのだ。

ラガベラス サリオ 2014
▼ラガベラス サリオ 2014
価格:5000円(税抜き)
輸入元:ワインダイアモンズ TEL 03-6804-2800

「プールサイド」で飲みたい赤ワイン

赤ワインを造る黒ぶどう品種のシラー種は、オーストラリアでは一般的には「シラーズ」と呼ばれている。冒頭に挙げたグランジもシラーズのワインだ。シラーズの一大銘醸地がバロッサ・バレー。バロッサ産シラーズの古典的なスタイルは、アルコール度数が高く、ジャムやチョコレートのような甘い香りのするフルボディー。ソフトな舌触りで親しみやすいスタイルが人気となったが、何杯も飲むには濃すぎたり、飲んでいる途中で飽きてしまったりしがちなのが難点だ。

それに対して、ナチュラルワインの代表選手「ショブルック ワインズ」の「プールサイド 2017」はアルコール度数が11%と低く、まさにプールサイドにも似合うような軽やかな赤ワインだ。「プールサイド」という名前はフランスの冷涼なワイン産地ジュラ地方の土着品種「プールサール」との言葉遊びから生まれたそう。

次のページ
古典派もきれいめにシフト
メールマガジン登録
大人のレストランガイド