ポルトガルワインは日本料理にぴったり? なぜなら…

ポルトガルワインというと、ポルト酒やマデラ酒の酒精強化ワインを思い浮べる方が多いだろう。もちろんそれはうまいのだが、ポルトガルでは普通のスティルワイン(非発泡性ワイン)が侮れない。

ポルトガルはワイン製造の歴史が古く、長年培った伝統の醸造技術を継承しているうえ、近年になって最新の醸造技術を取り入れ、さらに品質の高いワインがつくられるようになったのだ。そして価格は驚くほど安い。この知られざるポルトガルワインの魅力について、今回、紹介しよう。

このほど、リスボンに10日間あまり滞在する機会があった。到着した日の夕食は、首都リスボンの市街地からテージョ川を連絡船で渡り、川岸のレストランの屋外席を予約。広いテージョ川は海のように波が打ち寄せられ、その向こうにリスボン市街地の遠景が見える。リスボンは美しい街だ。夕食の時間でもまだ明るく、光が透明に輝いていて、空の澄んだ青色のなかに建屋の白い壁と赤い屋根が綺麗に調和している。このようなすてきな景色を望みながらの食事で、ポルトガルワインへの期待が大きくふくらんだ。

ポルトガル料理は新鮮食材を使ったシンプルな調理が特徴

早速ワインと料理をいくつか注文。料理はいずれも、新鮮な食材を用いたシンプルなもの。油を使わずに魚をそのまま塩焼きしたものや、タコやアンコウなどほかの欧州の国ではなかなか食べられないものもある。いずれも、味付けが優しく、日本人の口に合うものばかりだった。

ワインは店のスタッフに任せて、まずは白、そして赤を続けた。レストランの提供価格で15ユーロ程度と大変安いが、優しさと複雑さを合わせ持つ味わい。これまで飲んだどこの国のワインとも違う味わいで、ポルトガルワインが高いポテンシャルを持っていることが分かった。

それから、大衆食堂からしゃれた丘の上の絶景レストランまで、毎晩様々なレストランを巡ったが、いずれも料理とワインがともに美味。しかも、価格は日本で同じ内容を注文したときの半額以下と、驚きの連続だった。

リスボン市内のレストラン「Salar Dos Presuntos」で

リスボンでポルトガル各地のワインを試してみて、ポルトガルワインの魅力がだんだん分かってきた。どの国でもワインは産地の地元料理に合うような味になっているが、ポルトガルワインも例外ではない。

ポルトガル料理は、油やバター、ハーブやスパイスなどをそれほど多くは使わずに、さっぱりとした味付けにすることが多い。魚介類などの食材が新鮮であるため、その食材の味わいを引き出すにはシンプルな調理が適しているからだ。そのシンプルなポルトガル料理に合うよう、ポルトガルワインは必然的に優しい味わいになる。

そもそもポルトガル料理は、日本料理との共通点が多い。てんぷらなどの和食の調理法はポルトガルから伝来してきた歴史はよくご存じだろう。そんなポルトガル料理は日本人にとってはとてもおいしく感じ、飽きがこない。その料理に合わせるワインの味が、日本人に合わないわけがない。

ポルトガルワインの歴史は古い。紀元前5世紀にフェニキア人がブドウ栽培を始めて以来、イスラムに支配された8~11世紀を除いて、伝統的な製法が継承されている。第2の都市、ポルト近くの一大ワインの産地、ドウロ地区では1756年、世界で最初に原産地呼称法を制定した。

20世紀前半には独裁政権による鎖国状態が続き、ポルトガルワインは世界と断絶状態となったが、ポルトガルは1986年に欧州連合(EU)に加盟。以来、近代的な醸造方法を取り入れてポルトガルワインは急速な品質向上を遂げた。

次のページ
Quinta Da Aveleda, Vinho Verde, 2016