MONO TRENDY

AVフラッシュ

有機ELは液晶と何が違う? TVの進化と未来を探る 「年の差30」最新AV機器探訪

2017/9/29

小原 本当です。テレビに使うような大型の有機ELは開発が難しく、今はLGしか作れないんです。小型の有機ELであれば、他社でも開発を進めていますし、スマホへの採用も来年にかけて増えていくでしょう。有機ELは繊細で、作るときに少しでもずれるとそのパネルは使えないんです。パネルのサイズが大きければ大きいほど、失敗する可能性も高くなる。こうした点も含めて歩留まりが悪いというのも、各社が開発を断念した理由の一つです。

小沼 パネルの大きさは何種類あるのですか?

金 現在は55インチ、65インチ、77インチの3種類です。

小沼 どれもかなり大型ですよね。もうちょっと小さいサイズもあったほうが日本では普及しそうですが……。

金 小さなサイズは大きなパネルを細かく切って作るので、コストがかかってしまうんです。それに、世界的に見るとテレビは大型化の傾向がありますから。

■「若者のテレビ離れ」は日本だけ?

小沼 世界の話が出てきましたね。最初に海外だと若者にもテレビの需要はあると聞きましたが、本当なんですか? あまり実感が湧かないです。

金 確かに、日本にいると想像しにくいかもしれませんね。実は、ある大学のマーケティング系ゼミと一緒になって「LGが有機ELテレビを売るにはどうしたらいいか?」という研究をしているんです。でも始める前にゼミの学生にアンケートを取ったところ、大半が「テレビを持っていない」と答えました(笑)。世界的に見ると日本の状況が特殊です。

小沼 今はパソコンがあればたいていの映画やテレビ番組を見ることができますよね。こういうテレビ離れは世界的な傾向ではないんですか? これだけスマホやパソコンが普及しているのだから、他の国も同じだと思うんですが。

金 海外ではNetflixやAmazonプライムビデオなどのビデオオンデマンド(VOD)が普及していることが関係しているのではないかといわれています。

小原 日本はテレビでVODを見るインフラがまだ十分に整っていないですよね。

金 海外では部屋を借りるときの条件として「VODが見られること」が重視されると聞きました。一方、日本は録画文化がまだ根強いですよね。

小原 電車に乗ると録画をスマホに転送して見ている人もいますね。画質にはこだわらないのかな。僕はバラエティー番組ならまだしも、たとえば『インディペンデンス・デイ:リサージェンス』みたいな壮大な映画をスマホやパソコンの画面で見ても……と思ってしまうんだけど。

小沼 確かに、家で見る映画を選ぶとき、派手なSFより、小さな画面でも楽しめるヒューマンドラマを選ぶことは多いですね。

■家で映画館並みのクオリティーを

金 そうなんです。「アクションやSFなら映画館、ヒューマンドラマは家」と分けている人が日本にはかなりいるようです。前者をどう大画面テレビに持ち込めるかは常に考えています。

小沼 迫力ある映像を自宅の大画面テレビで見る、という方向ですね。でも映画館ではなく、家で楽しむメリットってなんだろう?

小原 自宅の大画面で映画を楽しむなら、他人に迷惑をかけることも、かけられることもありません。ながら見しても誰からも文句をいわれない。自分の都合ですべて決められます。一方、小さい画面で見ていてはわからない細部のディテールが、大画面ならばダイレクトに楽しめる可能性がある。特に暗いシーンの情報は、先ほど見てもらったように、有機ELならばバッチリなわけです。

金 今後、日本は二分化していくと思います。テレビから離れてしまう人がいる一方で、高画質で大型のテレビがいいと思ってくれる人も、若者の中に一定数いるのも事実。家で映画館並みのクオリティーを体験できるといえば、それを魅力に感じてくれる人もいるはずです。

小沼 そういえばNetflixはオリジナル作品に力を入れているというニュースを見たことがあります。4Kで見られるコンテンツも多いそうだし、自宅でしか見られない高画質の作品も増えていきそうですね。

金 現在のような状況で、自宅で迫力ある作品を見たいと思っている人に届く製品を作っていけるかが、日本の今後のテレビ業界を盛り上げる鍵だと考えています。

■世界的に見るとテレビの価値は高まっている

今回の取材で有機ELの画面のきれいさと薄さと同じくらい印象的だったのが、「日本のテレビ離れが世界的に見ると特殊」という言葉だった。

この件について、GfKジャパンに確認してみたところ、ここ数年、日本でのテレビの販売台数はグローバルに比べ大きな割合で減少していたという。一方、グローバルで見ると「テレビはいまだに家において絶対的な高い価値を持っている製品。それどころか、その価値を高めつつある」(AV担当グローバルディレクターのユルゲン・ボイニー氏)。

2017年5月に開催されたカンヌ国際映画祭でNetflixの出品作を巡って議論が起こった。映画館で公開しないNetflixの作品を審査の対象とするかという問題だ。審査員だったウィル・スミスは「私の16歳、18歳、24歳の子供たちは週に2回は映画館にも行くし、Netflixも見ている。我が家の中では、映画館で見る映画とNetflixで見る映画はほとんど重ならない。それらは2つの異なった娯楽の形式だ」と語ったという(記事「揺れるカンヌ映画祭 動画配信大手の作品巡り火花」)。ボイニー氏が「価値を高めつつある」というのは、こういった状況も関係しているのかもしれない。実は個人的にもVODは気になっていた。同じサブスプリクション型のApple Musicを利用するようになって、音楽の楽しみ方が一変したからだ。

GfKの調査によると、ここ数年、グローバルに比べ大きな割合で減少していた日本でのテレビの販売台数は、2017年になって底を打った感があるという。日本でもテレビはその価値を高めていくのか。

しかし現在テレビがない生活を送っている身からすれば、まだ有機ELの価値を実感しきれていないのも事実。次回は、国産(ソニー、東芝、パナソニック)の3モデルとLG、計4機種の有機ELテレビを比較してみる。メーカーごとの個性を知ることで、有機ELの魅力が見えてくるかもしれない。

大画面テレビの本命 有機ELテレビ最前線
前編 有機ELは液晶と何が違う? TVの進化と可能性を探る
後編 有機ELテレビ、メーカー別に得意分野をチェック

(文 小沼理=かみゆ、イラスト 室長サオリ)

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
NTTドコモが店頭の看板から「ドコモ」を消したワケ
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
日本電産・永守重信会長 最後の大仕事は大学
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL