WOMAN SMART

グルメ・トラベル

外国人が「歩きたい」と思う日本の道 それはKISOJI インバウンドサイト発 日本発見旅

2017/9/15

妻籠宿の町並みを眼下に望む、妻籠城跡の城山展望台。木曽路を歩く外国人旅行者は急増しています(写真:japan-guide.com) 

 旅の目的の一つとして、街道や古道を「歩く」というカテゴリーが挙げられます。日本に来て、都市や古都を訪れるだけでなく、歴史的価値のある道を実際に歩いてみたいという外国人旅行者は、意外に多いのです。今回は「道」に注目してみました。

 ジャパンガイドでもよく街道・古道の取材に行きますが、歩いている日本人旅行者は中高年の方が多く、若者は意外と少ないように感じます。その点、外国人旅行者はバックパッカー・スタイルの若い人も多く、すごくパワフルで楽しそうに見えます。彼らはなぜ日本の道を歩きたいと思うのでしょうか。

■スピリチュアルな雰囲気が人気の「熊野古道」

 海外でも有名な日本の道というと、すぐ思い浮かぶのが熊野古道です。「紀伊山地の霊場と参詣道」として、一部が世界遺産にも登録されています。

 この霊場とは、神道の熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)、仏教(真言密教)の高野山、修験道の吉野・大峯のことです。全国からの巡礼者がこれらの霊場に詣でるために歩いた道が参詣道。三重、奈良、和歌山の三県にまたがる紀伊山地を背景にそれぞれの信仰が育まれてきました。いわば山全体がスピリチュアルスポットなのです。

 熊野古道は熊野三山への参詣道の総称で、中でも観光スポットとして人気なのが「中辺路(なかへち)」と呼ばれるルートです。紀伊半島の南西部海沿いに位置する田辺市から、内陸の山間部にある熊野本宮大社、熊野那智大社を経て、紀伊半島南東部の熊野川河口付近にある熊野速玉大社に至る、昔から最もよく参詣に使われた道でした。その中辺路に、外国人観光客に特に人気のコースが2つあります。

 1つは田辺市街から熊野本宮大社に至るまでの道。深い森や里山の風景の中、昔の雰囲気を残す古道を歩けるのが魅力です。アップダウンはありますが道路がきれいに整備され、外国語のウェブサイトやマップなどの情報が充実しているので、安心して歩けることも人気の理由でしょう。

 熊野本宮大社に着く手前に、約1800年前に発見された日本最古の温泉場といわれる「湯の峰温泉」があり、人々は熊野へ詣でる前にここで身を清めたと伝えられています。川のほとりにある天然の岩風呂「つぼ湯」は、世界遺産の登録資産の1つ。一般の人も利用可能で(有料)、世界遺産の温泉に入るという特別な体験ができます。外国人の利用も増えているようですよ。

 もう1つのコースは、熊野那智大社周辺です。熊野那智大社にはバスでも行けますが、途中下車して大門坂という昔ながらの石畳を30分ほどかけて歩いて登るのがおすすめ。古道の趣が残る坂道で、全ルートを歩く時間がない人でもプチ古道散策が楽しめます。山頂に着くと熊野那智大社と青岸渡寺(せいがんとじ)、そして那智の滝が見えてきます。朱色の三重塔の後方に雄大な滝が眺められるという、外国人が大好きな風景が特に人気を呼んでいます。

熊野那智大社に通じる「大門坂」。美しい石畳が森の奥へとのびており、スピリチュアルな世界に入っていくよう(写真:japan-guide.com)
那智山青岸渡寺の三重塔と那智の滝。立ち込める霧で一層ミステリアスな雰囲気に(写真:japan-guide.com)

 熊野古道を訪れる外国人は、昔の道を歩きたいという思いとともにスピリチュアルな雰囲気にもひかれています。単なるウオーキングではなく、歩いているうちに瞑想(めいそう)のような気分が味わえると語る人もいました。大都市以外の日本を体験したい人、自然が好きな人にも人気のエリアです。

 どちらのコースもすばらしい写真とともに広く紹介されて有名になっていますが、外国からの旅行者も安全に旅ができるように外国語の情報を充実させ、看板なども含めたコース整備がきちんと行われていることが人気の最大の理由だそうです。

WOMAN SMART新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL