残念ながら初期症状はほとんどなく、無症状に近い状態です。がんの進み具合によっては、食べ物を飲み込んだときに胸の奥が痛む、熱い物を飲み込んだときにしみる、食道で食べ物がつかえる、体重が減少する、胸や背中が痛む、むせるような咳が出る、血の混じった痰が出る、声がかすれるなどの症状が出ることもあります。症状が長く続く時は注意が必要です。

がんのがんたるゆえんは、痛みがない、症状がないことで、これはほぼすべてのがんに共通します。症状が出た時には進行していて、手遅れということもしばしばです。無症状のうちに内視鏡検査を受けなければ、早期発見は困難です。

早期なら内視鏡治療が可能だが、進行すると大がかりな手術に

――がんが見つかったら切除するのが第一だと思いますが、早期がんの場合はどのように切除するのですか。

分かりやすく言うと、早期がんは転移の可能性がないがん、進行がんは転移の可能性が高い、あるいはすでに転移しているがんです。早期がんなら内視鏡治療、進行がんなら外科的手術で切除するのが治療の基本です。早期がんに対しては、内視鏡でがんの部分の粘膜をはがす、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が広く行われています(表1)。内視鏡で切除すればほぼ元の状態に戻ることができ、生活の質を落とすこともありません。

――進行がんに対して行う外科的手術は、内視鏡とどう違うのですか。

食道は、心臓と肺の後ろ側で、背骨の手前という、胸の中の一番深い所にあります(図1)。医師の間で「胸の一番深い場所にあるのは、神のいたずらだ」といわれるほど手術しにくい場所なので、食道がんの手術は大がかりです。開胸して、深い所の食道のがんやリンパ節を切除したら、胃を持ち上げて食道とつながなければなりません。万一ここで縫合不全[注3]が起きたら、肺と心臓の後ろに膿(うみ)がたまるので致命的となることもありえます。

(イラスト Akiko Takagi)

また、食道がんは首のリンパ節に転移しやすいので、手術では胸とおなか、さらに首も切開する必要があります。言ってみれば、肺と胃と甲状腺、この3つの手術を一度に行うようなものです。胃がんや大腸がんの手術は約3時間で、手術室で呼吸器を外して病棟に着く頃には意識もはっきりしています。でも、食道がんの手術は5~7時間かかるうえ、すぐに病棟には行けず集中治療室に運ばれます。それほど手術の規模が大きく、患者さんの負担も大きいのです。

――放射線や抗がん剤による治療はいかがですか。

手術による体へのダメージを「侵襲」といいますが、手術を行うかどうかは、患者の体力と、手術侵襲との兼ね合いで決めます。手術しない時と手術した時、どちらのほうが生命のリスクが高いかを考え、手術しないほうがいい場合には放射線や抗がん剤による治療を検討します。

放射線は、手術に比べて体への負担が少ないという意味では無難な治療です。進行した食道がんで放射線が効く人はおよそ半分で、抗がん剤も同程度です。でも、「効く」と「治る」は違います。いったん効いても再びがんが育つので、根絶やしにはできません。それに、副作用もあります。こうした問題を事前に見極められないのが、がん治療の難しいところです。

早期発見のポイントは、任意の内視鏡検査

――年1回、自治体や会社の健康診断で、食道がんの早期発見ができるのですか。

一般の健康診断はもちろん受けるべきですが、残念ながら早期のがんを狙って拾い上げるタイプの検査ではありません。そのため、食道がんを早期発見するには、一般の内科や人間ドックなどで胃の内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)を自主的に受ける必要があります。胃の内視鏡検査では、咽頭から食道、胃、十二指腸まで、内視鏡が通る場所を一通りチェックできるので、50歳を過ぎたら年1回の検査をお勧めします[注4]

血液検査の「腫瘍マーカー」という項目の異常は、進行がんなら発見できますが、早期がんの多くは分かりません。食道がんを早期の段階で見つけるなら、やはり内視鏡検査が一番です。

[注3] 縫合不全:手術で縫い合わせた組織がうまくくっつかずに開いてしまうこと。術後合併症の1つ。

[注4] 自覚症状や検査値の異常などがなく、「病気が心配なので検査を希望する」という場合は、一般的に健康診断とみなされ、全額自己負担となる。検査費用は医療機関によって異なるため、事前に要確認。

井上晴洋さん
 昭和大学江東豊洲病院消化器センター長・教授。1983年山口大学医学部卒業後、東京医科歯科大学第一外科、都立広尾病院、九段坂病院、日産厚生会玉川病院、春日部秀和病院、米国南カリフォルニア大学、昭和大学横浜市北部病院消化器センター准教授、昭和大学医学部教授などを経て、2014年より現職。専門は消化器内視鏡診断学・治療、食道・胃外科学。食道アカラシアや逆流性食道炎などの内視鏡治療における新しい術式開発にも取り組み、海外でも毎年多くの手術を行う。

(ライター 田中美香)

[日経Gooday 2017年8月24日付記事を再構成

「日経Gooday 30+」の記事一覧はこちら

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。