チョコレートをよく食べる人ほど、認知機能が高い傾向

日経Gooday

カカオフラバノールによる血流増加作用が、認知機能に好影響を与えている?(C)Monika Adamczyk-123rf
カカオフラバノールによる血流増加作用が、認知機能に好影響を与えている?(C)Monika Adamczyk-123rf
日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

チョコレートを頻繁に食べている人ほど、認知機能が高い傾向にあることが、オーストラリアSouth Australia大学のGeorgina E.Crichton氏らの研究で明らかになりました。

チョコレートは、カテキン、エピカテキンなどのフラバノール(ココアフラバノールまたはカカオフラバノールと呼ばれています)を豊富に含んでおり、健康にさまざまな利益をもたらすと考えられています。特に、循環器に対する好ましい影響を示すデータは蓄積されつつあります。しかし、認知機能との関係を調べた研究では、一貫した結果は得られていませんでした。

そこで、Crichton氏たちは、米国の成人のデータを利用して、習慣的なチョコレート摂取頻度と認知機能の関係を分析する質の高い研究を行うことにしました。

チョコレートの摂取頻度が高いほど認知機能のスコアも高い

Crichton氏らが今回の研究を行ったきっかけは、2件のランダム化比較試験[注1]の報告でした。それらはいずれも少人数を対象とした予備的な研究でしたが、フラバノールを摂取してから90~120分後以降に、認知機能が向上する可能性を示したものでした(詳しくは2ページ目参照)。

これらの結果を受けて、Crichton氏らは、MSLSと名付けられた長期にわたる研究に2001~2006年に参加した、23歳から98歳までの968人を対象に、習慣的なチョコレート摂取と認知機能の関係を調べました。MSLSは、循環器疾患のリスク因子と認知機能の関係を調べるために1975年に始まった研究です。

MSLSでは、食物摂取頻度調査のなかでチョコレートの摂取頻度を尋ねていましたが、ミルク、ダーク、ホワイト、といった種類別の調査は行っていませんでした。968人中337人(34.8%)は「全く食べない/まれにしか食べない」と回答し、631人(65.2%)は「1週間に1回以上食べる」と回答しました。うち、265人(27.4%)は1週間に1回、366人(37.8%)は1週間に2回以上食べていました。

これらの人たちについて、広範な認知機能検査の結果を調べました。その中には、認知症の診断に日本でも用いられているMMSE(ミニメンタルステート検査)も含まれていました。それらのスコアについて、チョコレート摂取頻度との関係を調べたところ、チョコレートの摂取頻度が高いほど認知機能のスコアも高い傾向があることが示されました。

年齢と性別を考慮して分析すると、「視空間記憶と視空間構成、言語記憶、作業記憶、探索と追跡、抽象的思考の能力」の総合スコアと、言語記憶を除く全ての指標のスコア、MMSEのスコアに、統計学的に意義のある改善が見られました。結果に影響する可能性がある幅広い要因(心筋梗塞や脳卒中などのリスク因子や飲酒量なども含む)を考慮して解析しても、総合スコア、視空間記憶と視空間構成、探索と追跡、抽象的思考、MMSEのスコアは、チョコレート摂取頻度に応じて向上していました。

著者らは、「今後、より長期的な研究や介入研究を行って、チョコレートやカカオフラバノールの摂取が認知機能の改善を引き起こす仕組みを明らかにする必要がある」と述べています。

論文は、Appetite誌2016年5月1日号に掲載されています[注2]

実際にはどのくらいチョコレートを食べたらいい?

では、今回の論文を参考に、認知機能に影響がありそうな量のフラバノールを摂取するには、実際にはチョコレートをどれくらい食べたらよいのでしょうか。英Leeds大学のSwen Langer氏らが、Leeds市内で2009~2010年に購入した12種類のチョコレート(ホワイトが1種、ミルクが1種、それ以外はダークチョコレート)のフラバノール含有量を測定し、論文で発表[注3]しています。

これによると、ミルクチョコレートのフラバノール含有量は100g当たり40.6mg、ダークチョコレートは93.5mgから651.1mgの範囲で、製品ごとに大きな差がありました。分析したダークチョコレートの中には、日本でも輸入食材店などで購入できる、スイス・リンツ社のエクセレンス70%カカオが含まれています。

では、日本で市販されているチョコレートはフラバノールをどの程度含んでいるのでしょうか。明治のチョコレートについては、ウエブサイトに、製品1枚当たりのポリフェノール(フラバノールはポリフェノールの一種です)の量が表示されています。

森永製菓も、チョコレートのウエブページに掲載されている製品のうち、ビターチョコレートや高カカオ製品には、栄養成分に加えてポリフェノールの含有量を記載しています。

正確なフラバノール含有量はわかりませんが、やはりポリフェノールを多く含む高カカオのチョコレートを選んだほうが良さそうです。

フラバノールを摂取すると1.5~2時間後に認知機能が上昇する

最後に、フラバノールを摂取すると認知機能が上昇する可能性を示した2本の論文を紹介します。

[注1]ランダム化比較試験:参加者を条件の異なる複数のグループにランダムに割り付けて、その後の経過を比較する臨床試験のこと。無作為化比較試験ともいう。

[注2]Crichton GE, et al. Chocolate intake is associated with better cognitive function: The Maine-Syracuse Longitudinal Study. Appetite. 2016;100:126-132.

[注3]Langer S, et al. Flavanols and Methylxanthines in Commercially Available Dark Chocolate: A Study of the Correlation with Nonfat Cocoa Solids. J. Agric. Food Chem. 2011;59 (15):8435-8441. DOI: 10.1021/jf201398t

注目記事