powered by 大人のレストランガイド

そら豆の皮は食べる、食べない? さやごと蒸し焼きに枝豆そら豆お豆さん(2)

PIXTA
PIXTA

お豆さんである。たくさんのメールをいただいて感謝にたえない。ありが豆(とう)。

まずは花豆。

花豆はベニバナインゲンの実。白いのは白花豆。赤紫に黒い斑点があるのを紫花豆という。下の写真がそうである。国内の豆類では最大。主に煮豆用だが、白花豆は甘納豆にも。以上、「食材図典」から。

花豆=PIXTA
ご意見 ご当地食材の「花豆」は大きな実で食べ応えのあるお豆です。道の駅やお土産屋さんで売られているのでご存知の方も多いと思いますが。
この「花豆」は標高800メートル以上でないと採れません。標高の低い場所では花は咲くのですが実がなりません、名前の由来か。
まだ豆を収穫する前の6-8月ごろ採って食べるのが「軽井沢いんげん」。普通のキヌサヤと比べれば3-4倍の大きさです。食べ方も煮物に入れたりキヌサヤと同じように料理して食べます。信州ではスーパーなどでも売られています。
「あおばつ」。当地では「青豆」をそう呼びます。大豆と同じ大きさで、ゆでると枝豆のように見えます。正月ごろゆでてしょうゆをかけてぽつぽつ食べれば止まりません(yumekoboさん)
ご意見 先日、白糸の滝に遊びに行った時、高地でしかできないという花豆をいただきました。煮豆をいただきましたが……味は普通の白豆と違いを感じません。ううむ。見かけは変わっているのに(大阪の原さん)
ご意見 私が小学校の時、林間学校(と書いて強制反省会と読む)が軽井沢で毎年あったのですが、その寮のご飯で絶対に出たメニューがあります。それは、花豆ごはん。白いご飯にピンクパンサーな模様の入った2.5センチ大の豆がごろごろごろと。塩味しかしなくて、小学生には極めて不評でした。
ただ、いま大人の味覚になってみると、それなりにおいしかったのではと思い直し始めています。東京ではいまだ見たことがありません(東京都 亨さん)

紫花豆が入ったご飯であったようである。寮のお母さんは「さあ、季節ものですよ。たんと召し上がれ」というような気持ちで出してくれたのかもしれない。ピースご飯でも同じようなことがある。

久留米のピースおにぎり
ご意見 八百屋さんの店先にグリンピースが出回り始めるころ、まずはお惣菜屋さんを営む大家さんから電話がかかってきて「豆ご飯炊いたんだけど、中林くん食べる?」「ええ! いただきますとも!」ってなやり取りが。下のお店に降りてって…何だか昭和中期の暮らしみたいですね。「おしょうゆ貸して味噌貸して」みたいな。
もちろん自分でも炊きますが、雑談でそんな話題を持ち出して「ああ、もうそんな時期かぁ!?」な反応を見せるのはたいてい西日本出身者です。東日本出身者は「何それ?」な反応。これはもう! VOTEの対象になりませんか?
ちなみに大家さんは新潟出身ですが、料理の修行は関西の方に師事したそうです(中林20系中林52さん)

豆を入れたご飯を炊く文化。赤飯は全国にあり、場所によっては不祝儀のときに黒豆ご飯を炊く。ただ年中行事や宗教行事とは別に「旬のもの」として豆ご飯を食べる地域はどこか。西日本の豆(グリーンピース)ご飯と信州の花豆ご飯はその存在が明らかだが、ほかの地域ではどうであろうか。

ぶんどう豆(緑豆)=PIXTA
ご意見 広島で豆ご飯の豆と言えば別名「緑豆」とも言われる「ぶんどう豆」です。えんどう豆より大粒の豆です。
節分は大豆を炒ったの、ぜんざい・赤飯は小豆です。うずら豆を甘く炊いたのが食卓にたまに登場します(広島県 うえぽんさん)

「ぶんどう豆」は緑豆のこと。広島県で盛んに栽培されているらしい。西日本もグリーンピース一色でないことがこれで判明した。

豆は同じでも時代、場所、人によって食べ方が違う。

ご意見 亡くなった父は大正9年、秋田生まれ。子供のころから枝豆が大好きでした。静岡に住むことになった父が故郷の味を懐かしみ、母に教え作らせて我が家に定着した枝豆の食べ方。
枝豆のさやの両端を少しはさみで切り落とし、その後、しょうゆで煮るというもの。しょうゆのみ。みりんや砂糖の添加はダメ。たっぷりしょうゆを含んださや付き枝豆を箸でつまんで口元へ。前歯で豆だけ口に放り込み、さやはポイッ。
保存食の意味もあったのでしょうが、手間ひまかけてしょうゆも使いぜいたくな食べ方なのでいつも食べられたわけではないとよくいってました。ご飯もお酒も進みます。我が家の初夏から初冬にかけての定番菜です(静岡市 どうせ定位置ベイスターズさん)

秋田の食べ方? しょっぱくないでしょうか。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド