酷暑の東京で「五輪合宿」 クーリング技術を実用実験シャーベット状のスポーツドリンクが効果的?

8月下旬のマラソン測定合宿で30キロ走を行う女子選手=日本陸連提供
8月下旬のマラソン測定合宿で30キロ走を行う女子選手=日本陸連提供

今年の夏も終わってみれば、やっぱり暑かった。東京五輪・パラリンピック開幕まで3年を切り、再認識されたのが暑さ対策の重要性だ。競技団体は地の利を好成績につなげるべく対策に着手し、世界中からやってくる選手や観客を守るために官民挙げて知恵を絞っている。

東京都心で最高気温33.7度、平均湿度72%を記録した8月23日。荒川の河川敷にマラソンで五輪を目指す女子13選手が集まった。本番のスタート時間を想定し早朝に30キロ走を開始。太陽が昇るにつれてじわじわ暑くなる環境下で、各選手の体の変化や耐性を調べる「測定合宿」の一幕だ。

練習前にアイススラリーを飲むセーリングの選手たち(7月、神奈川県葉山町)

日本陸連が呼びかけ、リオデジャネイロ五輪代表の福士加代子(ワコール)や今夏の世界選手権に出場した清田真央(スズキ浜松AC)らが参加。計8日間の合宿中には男子選手3人も20キロを走った。

マラソンは夏は涼しい場所で練習するのが一般的だ。だが、東京五輪のマラソンは女子が8月2日、男子が同9日。日本は夏のマラソンには伝統的に強いが、近年の暑さは鍛えられたアスリートにとっても敵だ。酷暑の中でも海外勢と戦える体作りを目指して昨年から東京合宿を始めた。

合宿では、07年夏の大阪世界選手権のマラソンで5位に入った尾方剛氏(広島経済大陸上部監督)が男子選手に自身の経験を披露。ゴール時の気温が33度で、85人中28人が途中棄権した過酷なレースを「1カ月は体がほてったままだった」と振り返り、日よけ付き帽子や給水を活用して自分に合った暑さ対策を見つける大切さを訴えた。

日本陸連の河野匡・長距離マラソンディレクターによると、自己ベストが2時間20分の選手のパフォーマンスは気温30度で5%(約7分)落ちるという。今後も合宿を行ってデータを集める予定で「科学的な知見も駆使してパフォーマンスの低下を防ぎ、メダルを目指したい」と意気込む。

暑さ対策は屋外競技の要諦になりつつある。7月末に神奈川県葉山町で行われたセーリングの日本代表チームの合宿では、国立スポーツ科学センター(JISS)の担当者がスポーツドリンクをシャーベット状にした「アイススラリー」を提供して回った。思考力に影響を及ぼす体の内部の体温を下げつつ、激しい動きに必要な筋肉の温度は保つ効果があるという。

ウインドサーフィンRSX級の倉持大也(福井県体協)はこれまで海上ではぬるくなったスポーツドリンクを飲んでおり、脱水症状に似た状況も経験したという。練習前や練習中にアイススラリーを飲んだところ、「体の中から熱がなくなっていく感じがした」と好印象。JISSは選手の体温や体感を記録し、効果を検証する方針だ。

7人制ラグビー日本代表も7月下旬、東京都調布市で合宿を敢行。1日2試合が想定される五輪本番を見据え、江東区内の宿舎をバスで出発し午前中に練習。休みを挟んで午後も練習という3日間をこなした。

急な雷雨も多い時期だけに、ウェザーニューズのスタッフを招いて雨雲の見方を聞くなど準備に余念がない。男子代表の小沢大主将(トヨタ自動車)は「良いシミュレーションができた。日本開催を強みにしたい」と前向きに話している。

一方、日本企業の間では暑さ対策のための技術開発が急ピッチで進む。競技施設の周辺やマラソンコースには最新の設備が採り入れられそうだ。